晴れ着の丸昌
HAREGINO MARUSHO SHICHIGOSAN WEB SITE


トップページ



お祝い着を選ぶ

七歳 - - - 女児

三歳・五歳 - - - 男児

三歳 - - - 女児

レンタルの流れ

お申込はこちら



お役立ちミニ知識

七五三の起源

基本的な装い

お宮参り人出予想






お祝い着を選ぶ

お役立ちミニ知識

七五三の起源

七歳のお祝い「帯解(おびとき)の儀」―女児

鎌倉時代、子供の着物にひもをつけて着付けていましたが、このひもをとって帯を結ぶ儀式が始まりました。

しかし「帯解の儀」となったのは室町時代からで、当初、男女共に9歳で行われていたものが、江戸末期から、男子は5歳に、女子は7歳となり、日取りも11月15日と定められました。

父親が息子の帯を締め、母親が娘の帯をかつぎ締めました。また、女子はこのとき初めて被衣をかぶる儀式もしました。

三歳・五歳のお祝い「袴着(ちゃっこ)の儀」―男児

平安時代、男児女児ともに3〜4歳から6〜7歳のときに、初めて袴をつける儀式を行いました。これも碁盤の上に子供を立たせ、腰結いの役の人が袴をつけました。

この頃は吉日を選び行っておりましたが、室町時代に11月15日と定められ、江戸時代以降は、男子のみの風習となりました。現代でも宮中では古式にのっとった「着袴の儀」が行われています。

三歳のお祝い「髪置(かみおき)の儀」―女児

平安時代は、男女ともに生まれて7日目に産毛を剃り、3歳まで坊主頭で、3歳の春から髪をのばし始めました。

碁盤の上に子供をのせ、髪置親をたて、白いすが糸で作ったかずらをかぶせて「髪置の儀」を行い、その後、最初はおかっぱに、前髪がのびてくると振り分けに、女子はやがて振り分けの「おすべらかし」となり、以後は、夫に先立たれる事でも無ければ、生涯髪を切りませんでした。

室町時代に入ってからは、かなり複雑になり、日取りも11月15日に定められ、対象年齢も公家は2歳、武家は3歳と決められました。

現在の七五三のお祝い

「七・五・三」の起源は上記の様なもので、現在11月15日を中心に、全国の社寺でお参りが行われていますが、江戸時代の風習にちなみ、3歳の男子と女子、5歳の男子、7歳の女子がお参りをしています。

最近では、洋服姿の子供さんの姿も多く見られますが、やはり男子の羽織と袴姿は一段とりりしく、女子の着物に祝い帯姿は大変可愛らしく、子供ながらに誇らし気なうれしさが伝わってきます。


お問い合わせ:晴れ着の丸昌 七五三 受注センター
MAIL:info@haregi.com