1. トップ
  2. 七五三
  3. 七五三の着物とその選び方について 年齢や性別に合わせた選び方

七五三

七五三の着物とその選び方について 年齢や性別に合わせた選び方

  • 七五三
  • 着物
  • 男の子
  • 女の子
  • 祝い着
  • 年齢
  • 性別
  • 三歳
  • 五歳
  • 七歳
七五三の着物とその選び方について 年齢や性別に合わせた選び方

女の子は3歳と7歳、男の子は5歳(地域によっては3歳と5歳)に行う七五三。子供の健やかな成長を祈願する行事です。それぞれの年齢・性別にあった七五三の着物選びのポイントをご紹介します。

 

女の子編:3歳の場合

3歳の七五三のお祝いは「髪置(かみおき)」という儀式がもとになっています。3歳になったことを機に、それまで剃っていた髪を伸ばしはじめるという意味がありました。

帯は浴衣などを着るときに使う柔らかい兵児(へこ)帯をし、着物の上には、被布(ひふ)という羽織ものを重ねて着ます。被布はベストのような形状で、袖はついていませんが衿があり、お花のモチーフやタッセルなどの装飾が付いています。

3歳の場合は、女の子らしい華やかさがある色柄を選んで、この時期ならではの可愛らしさを引き立ててあげると良いでしょう。着物と被布の色の組み合わせに個性が出るので、お子様のキャラクターに合わせて可愛くコーディネートしてあげましょう。

七五三の着物_女の子3歳

 

女の子編:7歳の場合

7歳の七五三のお祝いのルーツは、それまで兵児(へこ)帯を結んでいたものを、大人と同じ帯する「帯解(おびとき)」という儀式です。被布は羽織らず帯の下に志古貴(しごき)という芯のない帯を結び、帯揚げや帯締めは大人の着物とほぼ同じように着付けます。また、胸元には筥迫(はこせこ)という小物入れと、扇子を差して着飾ります。

7歳のお姉さんらしく、3歳よりは少し落ち着いた色柄の着物を選ぶと素敵です。おしゃれが気になる年頃ですから、ぜひ本人の希望も取り入れてあげましょう。

七五三の着物_女の子7歳

 

男の子編:3歳、5歳の場合

3歳の男の子の七五三を行うかどうかは、地域や家庭によって異なりますが、もとのルーツは女の子と同じで「髪置」の儀式です。5歳男子と同じく、羽織袴で可愛くお祝いします。やんちゃな3歳男子に長時間の着物姿は難しいですが、できるだけサイズが合ったものを選んであげると動きやすいでしょう。

幼児から少年への成長を祝う男子5歳の七五三は、初めて袴を身に着ける「袴着(はかまぎ)」「着袴(ちゃっこ)」という儀式がもとになっています。白や黒を基調としたものが主流ですが、最近ではモダンなデザインのものも増えてきています。5歳の男の子が、凛々しくキリリとかっこよく袴をはく姿に成長を感じられそうですね。

七五三の着物_男の子3歳、5歳

 

最後に

一生に一度の七五三は、お子さん本人はもちろん、ご両親やお祖父さま、お祖母さまにとっても思い出に残る大切な行事です。本人の好みも踏まえ、よく似合う着物を選んで七五三のお祝いをしてあげてください。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧