1. トップ
  2. 振袖
  3. はじめての振袖 振袖とは?どんな着物でどんなシーンに着るの?

振袖

はじめての振袖 振袖とは?どんな着物でどんなシーンに着るの?

  • 振袖
  • 大振袖
  • 中振袖
  • 小振袖
  • 未婚女性
  • 第一礼装
  • 結婚式
  • 成人式
  • 卒業式
  • はじめて
はじめての振袖 振袖とは?どんな着物でどんなシーンに着るの?

未婚女性が着る着物の中で、最も格が高いとされる「振袖」。その語源は「袖を振る」ことに由来しているといわれており、ほかの着物と比べて袖の長いのが特徴です。一口に振袖といっても、豊富なデザインがあり種類もさまざまです。特徴や着用シーンについてご紹介します。

 

振袖の特徴と着用シーン

振袖の特徴は「振り」と呼ばれる長い袖の「袂」と、その袂の身頃側を縫い付けていない開口部の「振八つ口」、身頃の脇にある開口部の「身八つ口」が挙げられます。華やかで若々しい柄のものが多く、成人式や結婚式の花嫁衣装、またその参列者の衣装など、晴れの舞台に着用される着物です。振袖は未婚女性なら年齢にかかわらず誰でも着用することができ、袖の長さによって「大振袖」「中振袖」「小振袖」に分類され、着物としての格が変わります。

振袖の特徴と着用シーン

 

振袖の種類とそれぞれの特徴

振袖は「大振袖」「中振袖」「小振袖」と、3つの種類があります。それぞれの特徴をみていきましょう。

大振袖

「引き振袖」「引き振り」「お引きずり」「お引き」などとも呼ばれる「大振袖」。袖丈が114cm前後と、振袖の中でも最も格式が高く、未婚女性の第一礼装とされています。その昔は5つの家紋をかかげた「五つ紋」が正式でしたが、今では省略されることが多いようです。大胆に模様をあしらった華やかなものから色無地まで、デザインも豊富。引きずるほどに長い袖丈は気品の中にも艶っぽさがあり、凛とした美しさを演出します。

中振袖

大振袖に次ぐ礼装で、袖丈の長さは100cm前後です。成人式でよくみられるものがこの「中振袖」にあたります。

小振袖

「小振袖」は袖丈が85cm前後で「二尺袖」とも呼ばれています。振袖の種類の中でも一番袖が短いので、動きやすいのが特徴です。

 

振袖の主な着用シーン

3つの種類に分類される振袖は、それぞれにふさわしい着用シーンがあります。振袖ごとの特徴を理解して、晴れやかに着こなしましょう。

大振袖の主な着用シーン

昔から婚礼衣装の定番であった「大振袖」は、現代でもお色直しの衣装として着用されています。披露宴ではウエディングドレスの後、お色直しで和装となる大振袖を着用する「和洋折衷」のスタイルが人気です。花嫁が振袖を着る際には、腰部分の布を折り込まないで裾を引いて着用する引き振袖にします。大振袖は、花嫁の婚礼衣裳として今も変わらぬ人気を誇っています。

中振袖の主な着用シーン

「中振袖」は、成人式の晴れ着として着用されるのが定番ですが、パーティーや披露宴などのお呼ばれのほか、卒業式、結納などの場面にも適した振袖です。結婚式で中振袖を着る場合、お色直しで花嫁が振袖を着る可能性もあるので、色合いがかぶらないよう、事前に確認をしておくのがマナーです。また、花嫁よりも目立つことがないようヘアメイクは控え目にするようにしましょう。

小振袖の主な着用シーン

大振袖や中振袖よりも袖が短く作られている「小振袖」は、「卒業袴」として着用するのにぴったりな振袖です。ほかの振袖に比べてかわいらしい雰囲気があり、軽くて動きやすいことがメリットです。

振袖の主な着用シーン

 

最後に

振袖は「若い人が着るもの」と思われがちですが、未婚女性であれば何歳でも着ることができます。ちょっと大人っぽい装いにしたい時は、帯を太鼓結びにしたり、半衿や重ね衿の色柄を品のあるものにすることで落ち着いた印象になります。振袖は未婚女性のみ着ることができる、着る時が限られた礼装です。3つの種類の特徴やふさわしい着用シーンを知り、日本の美しい伝統を楽しみましょう。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧