1. トップ
  2. 振袖
  3. 結婚式のお呼ばれ振袖 選ぶポイントや注意点は?

振袖

結婚式のお呼ばれ振袖 選ぶポイントや注意点は?

  • 振袖
  • 結婚式
  • 選び方
  • 注意点
  • 披露宴
  • お呼ばれ
  • ポイント
  • 色柄
結婚式のお呼ばれ振袖 選ぶポイントや注意点は?

お友達や親戚の結婚式や披露宴に招待されたとき、あなたは何を着ていきますか?ドレスも悪くありませんが、せっかくですから印象に残る装いで列席したいですよね。そこでおすすめなのが女性らしく華やかな振袖です。

 

振袖は結婚式のお呼ばれにふさわしい着物

未婚女性の場合、結婚式のお呼ばれに着ていく着物は第一礼装である「振袖」がおすすめです。振袖のほかにも、結婚式のお呼ばれで着られる着物には、三つ紋や一つ紋の色留袖、訪問着などがありますが、振袖に比べると格が下がります。特に受付係やスピーチなど、ゲストの中でも特別な役割を依頼されている場合は「場に華を添える装い」や「きちんとしたドレスアップ」が肝心ですから、そういった意味でも振袖はぴったりの着物です。おめでたい結婚式や披露宴に祝福の気持ちを表し、新郎新婦やご家族、その他のゲストにもきちんと礼を尽くしたいときには、ぜひ振袖を着てみてください。

結婚式にふさわしい着物

 

結婚式で振袖を着る際のポイントと注意点

結婚式や披露宴の会場に華を添える振袖。若々しく品のある着こなしをしたいですが、結婚式という場面によりふさわしい装いにするには、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

花嫁より目立つのはNG

結婚式や披露宴ではなんといっても花嫁が主役です。主役よりも目立ってしまわないよう、少し控えめを心がけましょう。花嫁より豪華な振袖や、花嫁とバッティングするような色柄はNG。一般的には赤や白を避けますが、可能であれば事前に花嫁の衣裳について聞いておくのもアリですね。

アクセサリー類は基本つけない

和装では、基本的に指輪以外のアクセサリーはマナー違反とされています。ピアスやイヤリングなどは外しておくのが無難です。

髪型はシンプルなスタイルに

振袖に華やかさがあるため、ヘアスタイルは清潔感を重視してシンプルに、少し華やかさをプラスする程度がバランスが取れます。

ヘアアクセサリーはかんざしや小さめのパールなど、振袖の柄にあった飾りをチョイスします。同系色でまとめると相性が良いでしょう。

結婚式の振袖_ポイントと注意点

 

結婚式のお呼ばれ振袖におすすめの柄

振袖に描かれる柄には伝統的な古典柄から現代的なモダン柄までさまざまな種類がありますが、結婚式や披露宴では、祝福の気持ちを込めて、縁起のよい柄の振袖を選びたいものです。その際の柄選びのポイントをお伝えします。

定番人気の「花柄」

花柄の振袖は写真写りも良く、季節を問わずドレス感覚で楽しめます。ピンクやブルー、グリーンなどの振袖はドレスで出席のゲストとの色合いが被りにくいのでおすすめです。おめでたい花柄の代表例は、牡丹、桜、菊、梅などでしょう。ただし、桜は「桜散る」ということで縁起を気にする人もいます。土地柄、出席者などを考慮しましょう。また古典柄の中でも花をモチーフにした花文、花丸文、花車なども華やかで好まれる絵柄です。

慶事に欠かせない「古典柄」

吉祥文様や有職文様などの古典柄は結婚式にふさわしい落ち着きと祝福の気持ちを表現できる柄です。スピーチなど特別な役割がある場合や、幅広い年代のゲストが招かれる結婚式や披露宴の場合、きちんと感のある古典柄はおすすめです。

吉祥文様:祝意を表す伝統的な文様です、鶴、亀、松竹梅、夫婦円満の象徴であるおしどり、長寿を意味する蝶、和歌を記した料紙の短冊や、鼓、雅な貴族の乗り物である御所車、発展を意味する扇などが代表的です。

有職文様:平安時代より公家の装飾に用いられた伝統的な文様です。たとえば、菱文、立涌、亀甲文などがあります。

個性的な「モダン柄」

定番振袖にはぴんと来ない場合には、モダン柄をおすすめします。バラやボタンなどの花柄+濃い地色の振袖を選ぶとクールな印象で着こなせます。さらに小物を洋風にしてクラッチバッグなどを合わせるとオシャレ度がアップして、夕方からの披露宴や1.5次会などに向いています。

ただ、モダン柄の着物によくある、黒地の振袖は避けたほうが良いでしょう。新郎新婦の親族が黒留袖を着用することが多いため、親族と間違われてしまうかもしれません。

「結婚式のお呼ばれ振袖」についてもっと見る

 

最後に

人生の門出を祝う結婚式。振袖姿の列席者がいると、会場が一気に明るくなります。お祝いの気持ちを込めて振袖で華を添えてみてはいかがでしょうか。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧