1. トップ
  2. 色留袖
  3. 押さえておきたい色留袖の基本 色留袖と訪問着の違いとは?

色留袖

押さえておきたい色留袖の基本 色留袖と訪問着の違いとは?

  • 色留袖
  • 基礎知識
  • 基本
  • 特徴
  • 訪問着
押さえておきたい色留袖の基本 色留袖と訪問着の違いとは?

色留袖は、近年は既婚、未婚問わず着られる女性の礼装です。同じ礼装でも地色が黒の黒留袖と違い、優しいピンクや明るいグリーン、涼やかなブルーなど女性らしさを引き立たせる色のバリエーションが様々あり、お祝いの雰囲気をぐっと華やかに盛り上げます。訪問着との違いや、色留袖の基本的な特徴について知っておきましょう。

 

色留袖と訪問着はどう違うの

まずは、よく着られる色留袖と訪問着の基本的な違いについて知っておきましょう。

どちらも柄付けが切れ目なく一続きにつながった絵羽模様(絵柄が一枚につながっている)なのは共通です。

色留袖と訪問着の、すぐにわかる一番の大きな違いは上半身に柄があるかどうか。上半身が無地で裾にだけ柄が描かれているのが色留袖で、肩や胸といった上半身にも裾にも柄が入っているのが訪問着です。

また柄も、色留袖は吉祥文様や有職文様など、おめでたく格調が高いものが多く、訪問着は古典調からモダンなものまで、柄のバラエティが豊富なのが特徴です。礼装としての格は色留袖の方が上になります。

 

色留袖の基本的な特徴

黒留袖とともに慶事に着用され、その明るい色調でお祝いの席を華やかに彩る礼装が色留袖です。かつては黒留袖と同じように既婚女性のみの正装とされていましたが、現在では未婚既婚を問わず着用できます。

色留袖は紋の数によって格式が決まります。紋が多いほど格が高くなり、五つ紋をつけた色留袖は、黒留袖と同格の第一礼装として、親族の結婚式や披露宴、叙勲の授賞式などにふさわしい装いとなります。

三つ紋、一つ紋の色留袖は準礼装として、親戚の結婚披露宴やパーティーなどに気軽に着用できます。そのため最近ではあえて三つ紋や一つ紋にすることも増えてきています。

色留袖にあわせる帯は袋帯で、重厚感のある金地、銀地の錦織や唐織、綴織のものが一般的です。柄は主に格調の高い有職文様や正倉院文様、おめでたい吉祥文様が織り出されています。小物は、五つ紋、三つ紋の色留袖の場合は黒留袖と同じように、白の帯揚げ、帯締めを合わせ、体の左側の帯に礼装用の扇子(末広)を差します。草履やハンドバッグも金や銀が使われた礼装用のものを合わせます。一つ紋の色留袖を結婚式などに着るときは、白や金、銀の小物を多用することを意識しましょう。

色留袖の基本的な特徴

 

訪問着の基本的な特徴

訪問着は華やかに装いたいときの準礼装です。古典的な模様からモダンなものまで、色や柄の種類が豊富で、ファッションとして楽しめる要素の多い着物です。

着用シーンは非常に幅広く、ゲストとして招かれた披露宴やパーティー、結納など改まった席のほか、卒業式や入学式、お宮参りや七五三などさまざまな場面で着られています。また、若い方から年配者まで、年代を問わず、幅広い年齢層の人が着用できるのが大きな特徴です。

訪問着も帯は袋帯を合わせます。半衿は必ず白を選び、より華やかに装うのであれば伊達衿を重ねます。カジュアルな場面では色の帯揚げ、帯締めをし、宝石や蒔絵、象牙などの高級感のある帯留めを合わせても良いでしょう 。バッグはビーズやエナメル製などの、小ぶりなタイプを合わせると良いでしょう。

訪問着の基本的な特徴

 

最後に

格の違いはありますが、色留袖も訪問着もお祝いの席に着用できるフォーマルな着物です。基本的な特徴を知って、マナーに応じた華やかで気品あるものを選びましょう。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧