1. トップ
  2. 色留袖
  3. 色留袖のレンタル前に知っておきたいこと  相場と選び方のポイント

色留袖

色留袖のレンタル前に知っておきたいこと  相場と選び方のポイント

  • 選び方
  • 色留袖
  • レンタル
  • 注意点
  • ポイント
  • 相場
  • 価格
  • 料金
  • 代金
色留袖のレンタル前に知っておきたいこと  相場と選び方のポイント

結婚式や披露宴での礼装として活躍する色留袖。普段使わないものだけにレンタルのご利用を考えている方も多いと思いますが、だいたいどのくらいのお値段で、どんな色柄のものが良いのでしょうか。色留袖をレンタルする前に知っておきたい、相場と選び方のポイントについてご紹介します。

 

色留袖のレンタル相場価格とは?

色留袖というと高級なイメージがありますが、レンタル料金の相場はそれほどでもありません。店舗を利用する場合は3~10万円、インターネットの場合はさらにお手頃で2~8万円程度が相場です。

このように価格の幅があるのは生地や装飾などの違いです。高級な正絹の色留袖はどうしてもレンタルでも値が張り、化繊の着物はそれに比べるとリーズナブルな傾向があります。ただしキャンペーンやネット割引などを上手く使えば、正絹の色留袖が1万5千円程度でお得にレンタルできることもあります。

レンタルの魅力はリーズナブルな価格だけでなく、手間と知識が必要な着物のお手入れをお任せできるということです。クリーニング不要、小物類がセットに含まれているショップもあるので、レンタルならば色留袖を気軽に着ることができます。

 

色留袖を選ぶ際に確認しておきたいこと

色留袖をレンタルする際、あらかじめいくつか確認しておくべきことがあります。

色柄やサイズなど選択肢が豊富かどうか

色留袖は黒留袖に次ぐ正礼装ですから、着用シーンや年代に合った柄や模様の面積、色合いを選びたいものです。

ご自身で購入する場合は、できるだけ長く着られる色柄の色留袖を選ぶ方が多いと思いますが、レンタルの場合はそういったことに煩わされず、今の自分にぴったりのサイズの中から、あなたにぴったりな色留袖を選ぶことができます。お気に入りの一着を選ぶために、できるだけ選択肢が豊富なレンタルショップを利用するのがおすすめです。

色留袖の色柄の豊富さ

料金は何にどれだけかかるのか

お金のトラブルを避けるために特に気をつけたいのが送料やキャンセル料、クリーニング代金です。レンタルショップによって扱いが違うので、何にどれだけかかるのかはしっかりと確認しておきましょう。

◎送料

往復無料のところもありますが、返却時に請求されるところもあります。

◎キャンセル料

不要の場合もありますが、契約成立後に一定期間が経つと有料になるショップもあります。

◎クリーニング料

不要のところが多いようですが、不注意で汚してしまったなどの場合には請求されることもあります。

レンタルできる期間はどれだけか

レンタルしたい色留袖が決まったら、スケジュールの余裕を持って配送をお願いしましょう。着用日の数日前に配送してもらえれば、事前に小物等の確認もできて安心ですね。

レンタル期間延長の場合には別料金が発生します。いつ届いていつ返すのか、よく確認することをおすすめします。

 

見落としがちなポイントとは?

信頼できる業者や納得のいくサービスを選ぶことも大切なポイント。色留袖を着る時に必要なのは着物だけではありません。帯や草履、ハンドバッグなどはもちろん、肌着・足袋・腰紐など、着付けに必要な小物がたくさんあります。色留袖をレンタルする時には、必要な小物についてはどうなっているか確認しましょう。お店やプランによっては小物が色留袖とセットでレンタルできるものや、小物の一部が無料プレゼントになるものがあります。

セット内容がどうなっているか、別途発生する料金があるかなどは、レンタルする際に必ず確認を。さらに万が一のトラブルを避けるためにも、書面で控えをもらっておきましょう。

色留袖選びで見落としなポイント

 

最後に

そう着る機会のない色留袖だけに、レンタルを利用するのは賢い手段です。豊富な色留袖の中から、今のあなたにぴったりの色留袖を着こなして、特別なシーンを華やかに彩ってくださいね。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧