1. トップ
  2. 着物 七五三
  3. お子様の七五三、母親にふさわしい服装とは

着物

お子様の七五三、母親にふさわしい服装とは

  • 選び方
  • 母親
  • 訪問着
  • 七五三
  • 服装
  • 注意点
  • 着物
  • ポイント
  • 和服
  • 洋服
  • 色無地
  • 付下げ
  • 江戸小紋
お子様の七五三、母親にふさわしい服装とは

お子様のすこやかな成長を願う七五三。何かと準備で忙しく、お母様ご自身の服装についてはついつい後回しになりがちです。七五三のとき母親は何を着たらいいのか、お母様にふさわしい服装についてご紹介します。

 

七五三で母親が着る服装の種類

七五三は、古くから大切に祝われてきた晴れの日であり、子供にとって節目となる儀式。付き添う母親は和服でも洋服でも種類は問いませんが、七五三という場面に見合ったフォーマルな服装で臨みたいものです。

和服

七五三は日本古来の伝統行事。神社へのお詣りもするので着物姿はぴったりです。準備や身支度は少し大変ですが、お子様にとっても母親にとっても素晴らしい記念になるに違いありません。着物の種類としては、訪問着、色無地、江戸小紋、付下げなどが適しているでしょう。あまり華やかすぎない、控えめで落ち着いた色柄を選ぶのがポイントです。

洋服

下のお子様がいたり、着付けに時間をかけられないときには洋装でも良いでしょう。

フォーマルワンピースは一枚着るだけできちんとした印象になります。シンプルなデザインであればコサージュやアクセサリーを加えて華やかさをプラスしても良いでしょう。寒さが気になる場合は、ジャケットを組み合わせた着こなしもおすすめです。

スーツにする場合は、ブラックフォーマルではなく、カラーフォーマルやセットアップスーツなどをセレクトします。パンツスーツでももちろん構いません。黒っぽいスーツの場合はインナーを明るい色にしたり、アクセサリーを加えて少し華やかに装ってみましょう。

 

母親の服装選びの注意点

それぞれの地域や風習にもよるので、服装選びにこれが絶対!という厳密なルールはありませんが、子供の七五三を祝う場面で、ここだけは押さえておきたいという母親の服装選びの注意点をご紹介します。

主役の子供より目立たない

七五三といえば主役はお子様ですから、親がそれより目立ってしまっては、誰のための行事なのか分からなくなってしまいます。お子様に華を添えるような服装を心がけましょう。またお子様がスーツなど洋装の場合は、母親も着物ではなくスーツまたはワンピースを着用するのが一般的です。

夫婦で格を合わせる

お子様より格下の衣装を選びつつ、両親は格を合わせることでバランスのとれた装いになります。母親が訪問着なのに、父親がカジュアルなジャケットというのは避けましょう。家族で並んだときお子様が引き立つ色合いになるよう考慮すると、より美しい集合写真が残せます。

露出度を控える

洋服の場合は胸元の開きやスカート丈などに、露出度が低いものを選ぶことがポイント。椅子に座って写真撮影することも考えて、スカート丈はひざ下くらいが最適です。ベージュのストッキング、つま先の見えない靴を合わせます。

七五三_母親の服装選び注意点

 

着物を着る場合の注意点

母親が七五三に着物を着る場合は、訪問着、色無地、付け下げ、礼装向けとなる江戸小紋をセレクトし、帯や小物は礼装らしいフォーマルなものを合わせます。子供とのバランスを考慮して、色留袖などの格が高すぎる着物は避けておきましょう。

訪問着

柄が入っているものが多く華やかな印象ですが、金彩や大ぶりの柄など派手な柄でなく、上品な色あいの古典柄などを選びます。

七五三_母親の訪問着

訪問着について詳しく見る

 

付下げ

柄が少なく落ち着いた印象の付下げは七五三向きです。ただし、暗すぎない色で、品の良い柄を選びましょう。

色無地

色無地は白と黒以外の無地の着物です。祝い事なので暗く沈んだ色調は避けます。三つ紋の入った色無地は格が高いので、一つ紋か無紋で良いでしょう。

七五三_母親の色無地

色無地について詳しく見る

 

江戸小紋

小紋や紬などは普段着になってしまうので避けましょう。ただ、江戸小紋に限っては三役などの礼装向けの柄ならば問題ありません。

 

最後に

七五三は子供が主役の行事ですから、母親は控えめに、お子様の愛らしさを引き立てるように心がけたいものです。それが結果的に、母親らしいしっとりとした美しさを際立たせることにもつながりますよ。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧