1. トップ
  2. 礼服
  3. 叙勲、褒章で参内する際に着用するモーニング 男性のドレスコードについて

礼服

叙勲、褒章で参内する際に着用するモーニング 男性のドレスコードについて

  • 叙勲
  • 服装
  • 紳士礼服
  • 正礼装
  • ルール
  • 礼服
  • 男性
  • 褒章
  • 参内
  • 拝謁
  • モーニングコート
  • ドレスコード
  • 決まり
叙勲、褒章で参内する際に着用するモーニング 男性のドレスコードについて

叙勲や褒章、さらに皇居への参内、天皇陛下への拝謁といった経験は大変名誉なことだけに、服装もしっかり整えておきたいものです。ここでは、叙勲や褒章で皇居へ参内する際の服装についてご紹介します。

 

叙勲、褒章の際のドレスコードとは?

叙勲、褒章を受ける人と同伴者は、皇居への参内や天皇陛下への拝謁がありますので、服装は宮中のしきたりを考慮した装いが必要と言えるでしょう。具体的には、受ける叙勲によって服装の着用規程があり、その内容に従います。

大勲位菊花章頸飾・大勲位菊花大綬章・桐花大綬章・旭日大綬章・瑞宝大綬章というような、天皇陛下から宮中で直接親受される勲章の場合、男性は燕尾服、女性はローブデコルテ(イブニングドレス)またはローブモンタント(ロングアフタヌーンドレス)を着用します。この場合、着物の着用は認められていません。

文化勲章・旭日重光章・瑞宝重光章・旭日中綬章・瑞宝中綬章、小綬章・双光章・単光章の場合は、男性はフロックコートかモーニングコートまたは紋付羽織袴を着用し、女性はローブモンタントまたは色留袖を着用します。

小綬章・双光章・単光章の場合も同様の装いが望ましいですが、勲章等着用規程には「平服を着用することもできる」あります。この場合の平服は普段着という意味ではなく、準礼装のことを指します。

ご主人に同伴される奥様の場合も同様のドレスコードとなりますので、格を合わせた装いをされてください。

叙勲、褒章の服装のドレスコード

 

正礼装のモーニングコートとは?

モーニングコートは、男性の昼用の正礼装です。結婚式では新郎・新婦の父親の衣装として着用されます。

基本は黒い上着とベスト、グレーの縦じまのスラックス(コールズボン)のセットで、スラックスの裾はシングル。上着は前の裾が斜めに大きくカットされた形が特徴です。ベストは共布の黒が多いですが、グレーの場合もあります。

叙勲、褒章で着用するモーニングとは

 

モーニングコートに合わせる小物について

モーニングコートを着用する際に必要な小物についてもご紹介します。

シャツは普通衿か立衿ですが、大半の方は普通衿を着用されるようです。袖口はダブルカフスが基本です。ネクタイはモノトーンのストライプが基本ですが、朱子織り(サテン)のシルバーグレーの無地を合わせることも多いようです。ポケットチーフは白の麻でスリーピーク(三つ山)にし、手袋も白で統一します。シューズは黒の紐靴、ストレートチップまたはプレーンタイプが正式です。

 

最後に

叙勲や褒章で皇居へ参内するというのは、特別な機会だけに何を着たら良いか戸惑うことも多いでしょう。迷ったらフォーマルウェアの専門家に相談してみるのも、方法のひとつです。お祝いの気持ちを装いに託して、栄誉ある式典に臨みましょう。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧