1. トップ
  2. 留袖
  3. 黒留袖の着用マナー基礎知識 結婚式で黒留袖を着る場合

留袖

黒留袖の着用マナー基礎知識 結婚式で黒留袖を着る場合

  • 結婚式
  • 黒留袖
  • 母親
  • 親族
  • 祖母
  • 叔母
  • 姉妹
  • 仲人夫人
  • 着用マナー
  • 基礎知識
黒留袖の着用マナー基礎知識 結婚式で黒留袖を着る場合

黒留袖を着る機会は、親族の結婚式か、仲人をする場合に限られるので、一般的にはそれほど多くはありません。マナーを知らずにおめでたい席で恥をかかないために、知っておきたい基礎知識をまとめました。

 

結婚式でよく着られる和装の種類

まずは、結婚式などフォーマルシーンで見かけることの多い和装にはどんなものがあるか、基礎知識をおさらいしましょう。

黒留袖

地色が黒の留袖です。背中と両胸と両後袖に計五つの家紋が付き、胸には柄がなく裾模様になっているのが特徴です。生地には、一越縮緬などの地模様のない縮緬が用いられます。最も格式が高いとされる慶事の第一礼装で、結婚式や披露宴などで、既婚の親族が着用します。

色留袖

地の色が黒色以外で、上半身は無地で裾だけに模様が入っている着物です。裾におめでたい柄があしらわれています。紋は黒留袖と同様に五つ紋を入れるか、使い勝手を考慮して、三つ紋または一つ紋を入れます。近年は未婚、既婚を問わずに着られます。

訪問着

色留袖と似ていますが、裾だけでなく胸や肩などにも柄が描かれているのが特徴です。華やかな場面に合う準礼装の着物で、未婚、既婚を問わずに着られます。

振袖

成人式などでおなじみの振袖は、未婚女性の第一礼装です。お祝いの席をいっそう華やかに彩ります。

結婚式で着られる和装の種類

 

結婚式で黒留袖を着るのはどんな人?

黒留袖は、新郎新婦の母親、祖母や叔母、姉妹などの親族や、仲人夫人など、新郎新婦に近い人の装いです。お招きする側が最も格の高い着物を着ることで、ゲストへの敬意と感謝を表すという意味合いがあります。

新郎新婦の母親

新郎新婦の母親が和装にする場合は、礼装のなかでも最も格の高い五つ紋の入った黒留袖の着用がおすすめです。

最近の結婚式では新郎新婦の母親が黒留袖を着ないこともありますが、結婚式では両家の格を揃えることが理想です。格の差が出てしまわないように、事前に打合せしておきましょう。

新郎新婦の親族(祖母、叔母、姉妹など)

新郎新婦の姉妹や祖母、叔母など親族が結婚式に着物で出席する場合は「正礼装」や「準礼装」にするのが一般的なマナーです。新郎新婦の母親が黒留袖ならば、親族の既婚女性は黒留袖や色留袖、未婚女性なら振袖がふさわしいでしょう。

また、地域によっては親族の女性は全員が黒留袖を着用することになっているところもあります。あらかじめ結婚式前によく確認して、両家親族の装いの「格」を合わせるようにしましょう。

仲人夫人

仲人夫人として結婚式や披露宴に出席する場合は、黒留袖がもっともふさわしいとされています。

結婚式で黒留袖を着る人

 

友人の結婚式で黒留袖を着るのはNG

黒留袖は、新郎新婦の親族としてゲストをお迎えする立場の人の装いですから、友人知人の立場で招かれた際には着用するのはマナー違反です。

既婚女性なら黒留袖より格下の一つ紋の色無地や付け下げ・訪問着・江戸小紋など略礼装がおすすめです。未婚女性の場合は振袖で花を添えるのも喜ばれます。

 

最後に

黒留袖に限らず、和装は、既婚か未婚か、新郎新婦との関係性はどうか(親族か友人・知人)など、着る人の立場によって着るものが変わります。基礎知識をきちんと押さえ、結婚式にふさわしい着物を選んで、祝福の気持ちを表現しましょう。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧