1. トップ
  2. 七五三
  3. 2019年の七五三、お詣りはいつ行くのがおすすめ?

七五三

2019年の七五三、お詣りはいつ行くのがおすすめ?

  • 七五三
  • お詣り
  • 時期
  • 参拝
  • 2019年
  • いつ
  • お日柄
  • 日取り
  • 混雑
  • 混み具合
  • 六曜
  • 令和
2019年の七五三、お詣りはいつ行くのがおすすめ?

2019年も春を迎え、いよいよ新学期がスタート。今年、七五三を迎えるお子さんがいらっしゃるご家庭では、いつ何をして、どうお祝いしようか…と悩まれているかも知れません。七五三は、氏神様などに出向き、子供の健やかな成長を感謝、祈願する行事ですが、そのお詣りには、いつ行くのが良いのでしょうか?ここでは2019年(令和元年)の暦を考慮に入れ、七五三のお詣りに行く時期についてご紹介したいと思います。

 

2019年の七五三(11月15日)のお日柄は?

七五三は、平安や鎌倉の時代に宮中や公家で行われていた、子供が無事に成長することを祈る儀式に由来した行事です。地域の氏神様に、晴れ着を着た子供とお詣りに行き、無事に成長したことの感謝を伝え、今後の健やかな成長を祈る七五三詣(しちごさんもうで)をするのが習わしです。一般的には11月15日とされていますが、この日にちは絶対の決まりではありません。お子さんの体調やご両親のお仕事の都合、参拝者の混雑を避けるために、時期をずらして行うご家庭も多くあります。

2019年七五三_11月15日のお日柄

日本では行事を執り行う際、特に冠婚葬祭といった儀式行事の場合は、日取りを決めるのに六曜や六輝と言われる暦注の「お日柄」が影響する場面がたびたび見られます。「結婚式は大安に」「お葬式は友引を避けて」などと言われるのがそれで、七五三のお詣りもお日柄の良い日が選ばれる傾向にあります。

では、今年2019年(令和元年)の11月15日はどんなお日柄なのでしょうか。調べてみると2019年は「仏滅」だそうです。(※日本において、六曜は公的に管理されているものではありません。そのため、暦の本やサイトなどによっては情報が異なる場合があります。)仏滅は、何をするにも良くない日、特にお祝い事にはふさわしくない日、と考えられています。さらに、曜日で見てみると金曜日にあたり、平日です。これらを考慮すると、2019年の11月15日に七五三のお詣りに行く方は少ないことが予測されます。

とは言え、暦の吉凶の捉え方はさまざまで「七五三はどうしても11月15日に」という考えの方もいれば、「仏滅ならば混雑しなくて良さそう」と六曜を気にしない考えの方もいらっしゃいます。そのため2019年の11月15日は、仏滅とは言え一定の参拝者が集まり、混み合うことを見越しておいた方が無難と言えるでしょう。

 

七五三のお詣りの日取りはどう決める?

先述したように、日本では冠婚葬祭といった儀式行事の日取りを決めるのに、六曜(または六輝)と言われる暦注が目安にされることがよくあります。この六曜とは、中国から伝わってきたもので、もともとは時刻や日の吉凶を占うものだったようです。それが日本で変化し、その日の運勢や吉凶、禁忌などを表すものとして定着したようです。

六曜では、その月の1日から末日までが「大安」「友引」「先勝」「先負」「赤口」「仏滅」の6種類に、決まった順番で割り当てられます。言わば、一週間の「曜日」と同じようなものです。基本的には、先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順番で繰り返すのですが、時には大安の次がまた大安、という場合があります。これは、旧暦の各月1日が六曜のどの日になるのかがあらかじめ決められているからです。例えば、1月1日と7月1日は「先勝」。2月1日と8月1日は「友引」。3月1日と9月1日は「先負」と決まっています。これによって順番が強制的にリセットされるため、不規則な順番になる場合があるのです。

なお、「大安」「赤口」「先勝」「友引」「先負」「仏滅」はそれぞれに意味があり、縁起の良し悪しや禁忌の内容が異なります。七五三のお詣りをするのに向いているかどうかは、この内容が影響します。

大安

六曜の中で最も縁起の良い日。やってはいけないことが何もなく、何事においても吉とされる日です。時間帯によって凶ということもないため、結婚式や開業といった慶事に好まれる日柄で、七五三のお祝いにも向いている日と言えるでしょう。

友引

朝と夕は吉、昼は凶とされています。「友」を「引く」という意味合いで、結婚式などの慶事は良いものの、お葬式などの弔事はNGとされる日柄です。慶事においては大安に次ぐ吉日なので、七五三のお祝いの日に選ぶ方も多い日です。

先勝

「先んずれば即ち勝つ」とされる日で、なるべく先回りして行動することが吉と考えられます。そのため、時間帯で言うと午前は吉、午後は凶の日柄です。七五三のお祝いをするには午前中が良いということになります。

先負

「先んずれば即ち負ける」とされる日で、急いで何かを行うのは凶と考えられます。午前中は凶、午後は吉の時間帯となりますが、平静を保つのが吉とされる日柄です。何かを行う場合は午後の方がベターなので、七五三のお祝いも午後が良いでしょう。

赤口

午の刻と言われる11時~13時あたりのみ吉で、他の時間帯はすべて凶。何もしない方が無難とされる日柄です。慶事を行うのは避けた方が良いと考えられているので、七五三のお祝いに向くとは言いづらい日ですが、もし選ぶなら正午前後が良いでしょう。

仏滅

時間帯に関係なく一日中凶の日柄。六曜の中で最も縁起が悪い日と考えられています。何をするにも不向きとされる日で、特に慶事は避けられます。七五三のお祝いも、別の日で検討される方が良いと言えるでしょう。

このように、六曜の内容についてご紹介してきましたが、これらに根拠はありません。信憑性という点で言うと、かなり薄い、という答えになるでしょう。六曜はカレンダーに広く使われてきたものの、公的に管理されているものではなく、言わば「迷信」のようなものです。また、その解釈もさまざまあり、暦の本や専門家などによって異なる部分があります。信じるか信じないかは自由ですし、解釈も人それぞれ違って当然ですので、お詣りの日取りはご家庭ごとの方針でお決めいただいて全く問題ありません。

 

2019年(令和元年)で七五三のお詣りが混み合いそうな日は?

一般的に、七五三のお詣りシーズンと言われる10月と11月について、六曜と休日の並びを考慮に入れて混み具合を予測してみたいと思います。

まず2019年の10月ですが、土曜、日曜の週末で見ると13日(日)と19日(土)が大安です。本来の七五三である11月15日には約1カ月早いとは言え、大安というお日柄の良さと、過ごしやすい気候になっていることから、多くの参拝者が集中することが予測されます。

続いて2019年の11月ですが、こちらも土曜、日曜の週末で見ると10日(日)と16日(土)が大安です。本来の七五三の日に近いことや、晴れ着姿がより美しく映える紅葉の時期も重なることから、10月の大安よりもさらに多くの参拝者で混雑するでしょう。また、週末ではありませんが文化の日の振替え休日になる4日(月)も大安です。2日(土)~4日(月)の3連休となるので、おじいちゃん、おばあちゃんなど遠方からお祝いに来られる方がいらっしゃるご家庭の場合は、4日(月)の参拝も多そうです。

また、11月の週末は11月3日(日)や9日(土)が仏滅ですが、六曜を気にされないご家庭の場合は、あえてその日を狙われることもあると思われ、それなりに混み合うのではないかと予測されます。

2019年七五三_お詣り時期_混雑

 

最後に

有名な神社仏閣になると、七五三のお詣りシーズンは参拝者の大行列ができるほど境内は混み合います。子供の健やかな成長を祈願する行事という由来や意味を知ると、やはりきちんと七五三詣りをしておきたい…と思うのが親心なのでしょう。ですが、お子様の年齢によっては、慣れない晴れ着でのお出かけに疲れたり、はじめての神社や祝詞の儀式に戸惑ったりで、グズッたり泣いたりする場面もあるでしょう。七五三の主役はお子様本人。良い想い出になるよう体力や体調を最優先して、あまり格式張らずにお詣りに臨まれてはいかがでしょうか。

晴れ着の丸昌 横浜店では、お詣りの晴れ着レンタルだけでなく、着付けサービス、記念写真の前撮りサービスなど、さまざまなプランをご用意しております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼各種プラン内容と料金について

https://premium753.com/price/

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧