1. トップ
  2. 振袖
  3. 振袖は「結納」や「両家の顔合わせ」にもおすすめの着物

振袖

振袖は「結納」や「両家の顔合わせ」にもおすすめの着物

  • 振袖
  • 選び方
  • 色柄
  • 結納
  • 顔合わせ
  • 両家
  • ご家族
  • 食事会
  • 会食
  • 儀式
  • 思い出
  • 記念
振袖は「結納」や「両家の顔合わせ」にもおすすめの着物

結納の儀式やご両家の顔合わせ。一生の思い出に残るおめでたい席ですね。大切な節目となる場面ですので、結婚後は着ることができない振袖姿で素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

 

結納、顔合わせにふさわしい装いとは

最近では減ってきてしまっている「結納」は、婚約の証として両家の間で金品を取り交わす伝統的な儀式です。地域によって風習はさまざまですが、女性宅に男性家族が出向いて執り行うのが基本のパターン。最近ではホテルや結婚式場などの「結納パック」「結納セット」を利用したり、正式な結納よりも品数を減らす「略式結納」や、両家が揃っての食事会にするなど、形式にとらわれないスタイルも増えています。

儀式は簡略化されても、結納は結婚するお二人とご両家にとって大切な節目です。結納の際の服装に決まり事はありませんが、一生に関わることなので、思い出に残るように、またお相手に失礼のないように、改まった装いをされてはいかがでしょうか。女性は特に、独身最後のフォーマルな場として未婚女性の盛装である振袖をお召しになる人が多いようです。

結納の儀式にふさわしい装い

 

結納、顔合わせコーディネートのポイント

同じ着物でもコーディネートでガラリと表情が変わるのが着物の魅力です。結納の席に振袖をお召しになる場合、おめでたい席にふさわしく、華やかさと上品さがポイントとなります。幅広い世代から好感を持たれるよう、帯揚げや帯締め、重ね衿などのコーディネートは、定番のものを心がけることをおすすめします。ヘアスタイルやメイクも、ベーシックなものをセレクトして、華美になりすぎないよう注意しましょう。コーディネートが難しい場合はプロに相談してみるのがよいでしょう。

 

結納、顔合わせ振袖コーディネート

 

結納、顔合わせにおすすめの色柄

結納や顔合わせをどこでどのように執り行うか、それぞれの条件によっておすすめの色柄が異なってきますので、以下を参考にしてみてください。

ご自宅での結納の場合

結納をご自宅で行う場合、親族や近所の方々にご挨拶の機会があることも多いでしょう。そのため、どんな年代の方にも好まれやすい優しい色合いで、柄行きは古典柄や、四季の花々が描かれたものなど可愛らしい雰囲気のものがおすすめです。また、日中の早い時間に行うことが多いため、明るい地色の振袖を選ぶと、記念撮影などで顔写りが良くなります。

自宅での結納_振袖の選び方

 

ホテルや料亭での顔合わせの場合

ホテルで結納パックを利用したり、料亭などで食事会をされる場合、時間帯はさまざまでしょうが、外出先で着付け、長時間着物姿でいることになります。雨に濡れるなど、不測の事態でもすぐに着替えたりできないため、多少のトラブルでも目立たない濃いめの色の振袖をおすすめします。また、料亭などでは光量があまり多くないため、色柄がはっきりしたお召し物を着ると写真うつりが良くなります。

ホテル、料亭での顔合わせ_振袖の選び方

 

最後に

一生に一度の結納は振袖をお召しになる最後のチャンスです。美しい振袖姿で、ご家族とともに素敵な思い出を作ってくださいね。

 

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧