1. トップ
  2. 振袖
  3. 購入or レンタル?成人式後の振袖の使い道とは?

振袖

購入or レンタル?成人式後の振袖の使い道とは?

  • 振袖
  • 結婚式
  • 成人式
  • 卒業式
  • 用途
  • 着用シーン
  • レンタル
  • メリット
  • 購入
  • 使い道
  • 予算
  • 授賞式
  • 謝恩会
購入or レンタル?成人式後の振袖の使い道とは?

成人式の着物の準備を考えた時、まず、購入かレンタルかで悩まれる方が多いのではないでしょうか?それぞれにメリットがあり、また、振袖は成人式以外にもさまざまな使い道があります。どんな着用シーンがあるのかをふまえて、購入するかレンタルするかを検討してみましょう。

 

振袖を購入した場合のメリットは?

振袖を購入する場合のメリットは、ずっと残しておけるということではないでしょうか。購入した振袖は、返却しなければならないレンタルと異なり、形として残る思い出になります。また、大切に保管することで将来、子供や孫の代まで残すことができるのもポイントです。そして、成人式後もさまざまなシーンで着用することができ、1着持っていれば結婚式のお呼ばれなど着たい時に何度も着ることができます。

振袖購入のメリット

 

成人式後はどう使える?

未婚女性の第一正装である「振袖」は、成人式以外にも改まった席に列席する時などにとても重宝します。例えば、格式の高いパーティーや結婚式、授賞式など華やかなシーンに振袖はとても映えます。袴スタイルが定番の卒業式では、式典では振袖に袴を合わせ、その後の謝恩会では袴を脱いで振袖として出席することも可能です。また、未婚女性しか着ることができない振袖ですが、訪問着に仕立て直すことで結婚後も着用することができます。ただし、袖を短く切ることになるため、振袖のデザインによっては向かないものもあります。家紋の入れ方も地域や家系によって異なるため、仕立て直すときは嫁ぎ先の風習に沿って、慎重に行うようにしましょう。振袖のまま残す場合は、保管やお手入れをしっかりすることで、姉から妹へ、母から娘へと受け継いで長く愛される一着となることでしょう。

成人式後の振袖

 

振袖をレンタルした場合のメリットは?

振袖をレンタルする場合の最大のメリットは何と言ってもコスト面です。成人式以外に着用する場合、年齢やシーン、トレンドに合わせて都度、お手頃価格で選ぶことができる自由度も魅力です。上記で紹介した振袖の着用シーンがあまりないという場合は断然レンタルがお得と言えます。また、ほとんどの着物は「正絹」で作られているため、正しい保管をしないとシミができてしまったり、虫に喰われてしまったりすることがあります。クリーニングなどのアフターケアをしたり、その分のランニングコストが何年もかかるのは大変…という方は、それらの手間と費用が必要ないレンタルの方がおすすめと言えるでしょう。

 

最後に

たった1回の成人式のために購入はもったいないと思われがちですが、華やかな振袖は改まった席にぴったりな一着です。振袖を選ぶ際、購入もレンタルもそれぞれにメリットがあります。成人式後の使い道や、予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧