1. トップ
  2. 着物
  3. 茶道で着る着物には、どんなルールや決まり事がある?【着物編】

着物

茶道で着る着物には、どんなルールや決まり事がある?【着物編】

  • 選び方
  • 基本
  • 訪問着
  • 着物
  • ルール
  • 色無地
  • 茶道
  • 決まり事
  • お茶会
  • お稽古
茶道で着る着物には、どんなルールや決まり事がある?【着物編】

着物と和の文化は、切っても切れない関係です。着物を着たいから、和のお稽古を始める方もいらっしゃるかもしれません。中でも茶道は、普段のお稽古やお茶会などで着物を着る機会が多くあります。それでは、茶道における着物とは、どんなものがふさわしいのでしょうか?基本的なルールや決まり事をご紹介します。これらのルールや決まり事を知っておくと、状況に応じてアレンジを楽しむこともできます。

 

茶道にふさわしい着物とは?

まずは「お茶の着物」の基本とされるルールや決まり事を押さえておきましょう。着物は大きく分けると、絹糸で白生地を織り、後から色を染めた「やわらか着物」(=染めの着物)と、糸を先に色染めしてから生地を織る「かたい着物」(=織りの着物)の2種類があります。このうち茶道に用いられるのは「やわらか着物」です。紬や絣などの「かたい着物」は、お稽古では着てもいいところもありますが、あまり茶道向きではありません。それには理由があります。

着物には「格」があり、一般的に、やわらかい染めの着物はフォーマル向き、かたい織りの着物はカジュアル向きの格付けになります。そのため紬の着物はいくら高価なものでもカジュアルな普段着とみなされます。高価なヴィンテージのデニムが、フォーマルな席にふさわしくないのと同様に、「かたい着物」はあらたまったお茶会にはふさわしくないと考えるのが一般的なルールです。また、お稽古の際でも、茶道は立ち座りすることが多いので、「かたい着物」は裾が乱れがちになります。一方、「やわらか着物」は生地が体に沿うので所作がしやすく、理にかなっていることが実感できます。

茶道のお稽古を始めると、お茶会に行く機会が増えます。お茶会で「やわらか着物」を着る場合も、その会の格に応じて選ぶのが基本ルールとなります。例えば、格を大切にするお茶会の際には、準礼装にあたる訪問着や色無地などがおすすめです。一方、気軽な大寄せの茶会では、カジュアルな小紋でも構いません。茶道はわびさびを重視するので、華美すぎるものは避ける向きもありますが、おめでたい正月の初釜は準礼装を華やかに装い、未婚の場合は振袖を着ることもあります。

また、お茶会に招く側(亭主)と招かれる側(客)、立場によってふさわしい着物が異なります。客にも格があるので、一番格の高い正客や亭主より格上の着物にならないよう配慮することが大切なルールのひとつです。

茶道にふさわしい着物

 

茶道をする上で、持っておきたい一着は?

「今度のお茶会、着物はどうしよう」「これでは格が合わないかしら?」…茶道の着物について、ルールや決まり事をあまり堅苦しく考えすぎると、毎回のお稽古やお茶会の着物選びが大変です。そこで、茶道をする上で持っていると便利な着物をご紹介しましょう。

1枚持っておきたい着物は、色無地です。柄がないため、華美を避ける茶道の精神に通じるところがあります。しかし、ただ地味なだけではありません。綸子(りんず)や緞子(どんす)の色無地は地紋が織り出されており、美しい光沢でその模様が浮き立って見えると華やかな印象です。そして、帯の合わせ方によって、格を上げたり華やかさを出したりできるので、とにかくオールマイティー。格の高い袋帯と合わせるとお茶会に、名古屋帯と合わせてお稽古に、さらにモダンな帯と合わせてお出かけにも着ることもできます。色無地は、あらゆるシーンに活躍し、ルールや決まり事に柔軟に対応できる着物、と言えるでしょう。

茶道の着物_色無地01

茶道の着物_色無地02

選び方のコツとしては、彩度の低い渋めの色が年中使えて便利ですが、年齢などを考慮し、ご自身の肌色に合った顔映りの良いものを選ぶと良いでしょう。色にも季節感があるので、例えば桜色、若草色などの春らしい色合いは、その時期を過ぎたお茶会にはなるべく避ける向きもあります。

また、お茶会で色無地を着る場合は、準礼装として着られる染め抜きの一つ紋が入っているものが良いでしょう。刺繍による縫いの一つ紋でもよく、カジュアルなお出かけにも着て行けるので便利です。三つ紋になると着物の格がぐっと上がり、ふさわしいのは献茶式など格式の高いお茶会になるため、着る機会が限られます。また、紋の数が目上の人よりも格が高くならないよう注意が必要になるので、活用の幅を考えると三つ紋より一つ紋が良いでしょう。

 

茶道で着る着物の生地や文様は?

着物に描かれた文様には、花鳥風月を楽しむ日本の心が込められています。ここでは茶道で好まれる着物の生地や文様についてご紹介しましょう。季節やお茶会の雰囲気にぴったり合った着物を選べるようになりたいものです。

茶道で着る着物の生地や柄

生地について

着物の生地の織り方には、さまざまな種類があります。染めの着物では、光沢があってなめらかな綸子(りんず)や、地紋の模様がしっかりとした緞子(どんす)、細かいシボのある縮緬(ちりめん)などがあります。お茶会の格などTPOに合わせて、華やかすぎないか、逆に地味で格を下げないか配慮しましょう。

7、8月になると、絽や紗、羅といった夏着物の季節です。夏はお茶会が少ないので着る機会は少ないかもしれませんが、透け感のある生地は見た目に涼しげ。「夏は涼しく(相手にとって)」という茶道の精神に通じるものがあります。麻は普段着なので、高価な上布でもお茶会には向きません。

文様について

茶道を習っていると、袱紗(ふくさ)や仕覆(しふく=茶入などの道具を入れる袋)のなどの生地に触れる機会があり、着物の文様にも自然と目が行くようになります。文様にはそれぞれ季節感や意味があり、詳しくなると着物選びが楽しくなるでしょう。

茶道の新年会ともいうべき初釜では、宝物をモチーフにした宝尽くしなど、縁起が良くめでたい吉祥文様を用いるとよいでしょう。その他のお茶会では、有職文様や正倉院文様など伝統柄の着物や帯が活躍します。これらの柄は落ち着きと格式を演出することができます。

[吉祥文様] 縁起が良くめでたい柄で、中国文化の影響がある

例:松竹梅、宝尽くし、鳳凰、鶴、青海波、麻の葉文様など

[有職文様] 平安時代以降、貴族の間で定着した伝統的な文様

例:亀甲文、花菱文、丸文など

[正倉院文様] 奈良・正倉院に伝わる、天平時代を中心とした文様

例:孔雀、唐草、獅子など

 

茶道では季節感を大事にするので、季節に合わせた植物、鳥などのモチーフもおすすめです。一般的なルールとしては、季節に遅れるのは避け、少し先取りするくらいが良いとされます。また、まれなケースですが、茶道具の柄は避けたほうが無難でしょう。気軽なお茶会でも無粋な印象を受けますし、万一、使われる道具とかぶると亭主に失礼にあたります。

●春の文様例:梅、桜、椿、鶯など

●夏の文様例:藤、菖蒲、燕、蜻蛉など

●秋の文様例:桔梗、撫子、萩、菊、紅葉、雁、鹿など

●冬の文様例:菊、南天、松、白鳥など

 

最後に

茶道で着る着物というと難しく考えがちですが、まずはお稽古の時に着ることで着物に慣れ親しんでおくと、少しずつ決まり事やルールが分かるようになります。お茶会で着る着物も、基本的な晴れ着のルールや決まり事と大きく変わりません。お茶会でご一緒する師匠や先輩方のアドバイスを聞きながら、自分なりに季節感を取り入れるなどの工夫ができるようになると、着物を着ることがいっそう楽しくなるでしょう。

晴れ着の丸昌 横浜店では、季節ごとのさまざまなお茶会にふさわしい訪問着や色無地を取り揃えています。色柄のバリエーションやサイズ展開はもちろん、生地も袷から単衣、絽まで、着用の時期に応じてお選びいただけます。なお、帯や着付け小物は着物とセットでご用意しています。また、草履やバッグのレンタルも対応しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

▼丸昌 横浜店 「訪問着」ネットレンタル

https://haregi-rental.com/houmongi/

▼丸昌 横浜店「色無地」ショールーム

https://www.hareginomarusho.co.jp/sr-iromuji/

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧