1. トップ
  2. 着物
  3. 暑い夏も着物で涼しく装うコツとおすすめのコーディネート

着物

暑い夏も着物で涼しく装うコツとおすすめのコーディネート

  • 着物
  • 暑さ対策
  • 涼しく装うコツ
  • コーディネート方法
暑い夏も着物で涼しく装うコツとおすすめのコーディネート

蒸し暑く、照りつけるような強い日差しが降り注ぐ真夏。今年も猛暑が予想されています。子供のお宮参りや結婚式など季節を問わないイベントはもちろん、着物でおしゃれをしてお出かけをしたい時にも、普段着る機会が少ない着物を涼しく楽しみたいもの。そこで、夏に着る着物の素材や、涼しげに見える色柄選び、また暑さ対策方法も併せてご紹介します!

夏用の着物について

季節に応じて着分けるのが慣習となっている和装。地域によって寒暖差があるため、多少は差ありますが、一般的には10~5月までを袷(あわせ)6~9月は単衣(ひとえ)、盛夏の7~8月は単衣よりも更に生地が薄い薄物(うすもの)を着ます。夏用の着物である薄物には、自然素材で作られた(ろ)や(しゃ)、麻(あさ)、羅(ら)など生地があります。通気性がよく、肌にまとわりつかない着心地で暑い日本の夏にはうってつけです。特に代表的な絽と紗のそれぞれの特長は次のとおりです。

・絽

風通し良く織られた生地で、縦横の糸の本数を減らしているため涼やかに着用できます。夏の礼装として留袖や訪問着、色無地などに仕立てられます。

・紗

絽よりもさらに薄く、均一の透け感があります。カジュアルからセミフォーマルまで幅広く着られますが格式を重んじるシーンでの着用は避けます。

絽の着物を着た女性たち

 

▼関連記事

夏のお宮参り。母親が着る「訪問着」と「色無地」を涼しく着こなすための注意点

夏の結婚式。黒留袖は暑くない?対策法や注意点は?

 

夏におすすめのコーディネート

夏の着物のコーディネートは、見ている人が涼しくみえるよう、清涼感を出すのがポイントです。

・素材を活かす

絽は、搦織(からみおり)という織り方で織られた、「絽目」という細かい隙間のある平織の生地です。絽目から下が透けて見えますので、襦袢との合わせ方がポイントになります。襦袢は白が定番ですが、フォーマルな場でなければ色つきであったり、絽が無地であれば柄付きの襦袢もおすすめです。

例えば、絽が濃いグレーで襦袢が薄いピンクの場合、色が重なると品のある紫色に見えますので、色が合わさることで違う表情になります。ぜひ、お好みの組み合わせを見つけてみてください。

桁にかけられた絽

・色

色で涼しげな印象をもたせるには、白や淡い色、ブルー、グリーンなど寒色系の着物と帯のカラーコーディネートですっきりと見せるのもおすすめです。

爽やかな色味の絽

・文様

着物や帯の文様は、お好みでお選びいただけますが、朝顔流水・花火などの柄を選ぶのも涼しげです。和装では季節を先取りした文様を選ぶのが基本ですが、涼を演出するために冬を感じさせる雪輪(ゆきわ)柄などを用いることもあります。

カジュアルなおでかけなら、麻素材の着物にトンボ玉などガラス素材の帯留めを合わせて涼感たっぷりに仕上げるのも遊び心があって素敵です。

流水紋の帯

 

 

着付けでできる暑さ対策

真夏のおでかけですから、体に熱がこもらないよう着付けの段階から工夫してみましょう。部屋は少し寒いと感じるくらいにクーラーを効かせてから始めるのがおすすめです。着付けにあたって注意しておきたいこと、また着付けの段階でできる暑さや汗対策をみていきましょう。

保冷剤

・小物は揃えておく

着物の着付けに必要な襦袢や腰紐などの小物類は予め、手の届くところに揃えておきましょう。必要なものが揃っていないと、部屋の中を行ったり来たりして汗をかきやすくなってしまいます。

・首にベビーパウダーをはたく

汗が滴る首周り。こまめにハンカチやタオル、手ぬぐいで拭き取るのはもちろんですがベビーパウダーを首にはたいておくと汗を吸ってくれます。はたいた後は、タオルやティッシュなどで軽く拭き取っておきましょう。ただし、着物にベビーパウダーが直接触れてしまうと汚れてしまうので、はたくのは肌着が当たる部分にのみ留めるよう注意して使用してください。日焼けをしたくない人が使う日焼け止めは、含まれる油分が着物につくとシミになる可能性があります。どうしても肌を焼きたくないのなら、日傘を差して歩きましょう。

・吸水性と通気性がよいインナーを用意する

着物を美しく着るために行う補正には吸水性がよく、熱を逃しやすいガーゼタオルを巻くのがおすすめ。長襦袢は肌にまとわりつかない、麻製のものが重宝します。最近ではポリエステルなど涼感素材も登場しています。背中の汗が気になるようなら防水布をあてがう方法も。

・小さな保冷剤を挟む

食品の保冷に使われるような小さな保冷剤を用意して、補正の際や帯の下に挟むと熱がこもりやすい内部の温度を下げるのに役立ちます。注意点として、保冷剤が生地に直接触れてしまうと水滴でシミがついてしまうので、タオルなどで巻いてご使用ください。

また、小物と同様、着付けた後に家の中を歩き回ると出かける前から汗をかいてしまうことも。着付けをしたら荷物を持って出かけるだけの状態に準備しておくのも大切です。

 

暑い夏の外出時に持って行きたいもの

外出する際に持っていくと活躍する、暑さ対策グッズには次のようなものがあります。

扇子

・扇子

冷房が効いた室内でも、到着した直後は汗が吹き出すことも。電車やバスなどの到着待ちのときにもサッと仰げる扇子は1本用意しておきたいもののひとつです。

・タオル

吸水性のよいハンカチタオルは夏のおでかけの必需品。汗を拭ったり、水で濡らして絞って当てるだけでもさっぱりします。

・保冷剤

着付けで使う保冷剤のほかに、ガーゼなどにくるんでかばんに入れておくと移動中に涼をとることができます。太い血管が通る首の付け根や首筋に当てることで、効率的に体温を下げられて熱中症の予防にも。直接生地に触れると水滴でシミがつくので、注意してご使用ください。

・冷却シート

薄手のウェットタイプの不織布で、汗をかいたところを拭うと清涼感が得られます。汗のニオイ対策にも有効です。シートが着物に触れると汚れやシミの原因になる可能性があるので、拭くときは着物に触れないように留意しながら行ってください。

 

最後に

盛夏には着用するのを躊躇う人も多い着物ですが、いざ着てみると袖口や裾から風が入るので風通しが良く、思いのほか涼しいものです。真夏日でも着物をきっちり着付けて、凛とした姿で歩く様子は素敵なもの。下着や着付けで対策をして、夏こそ和装で涼やかなおしゃれを愉しみましょう。

晴れ着の丸昌 横浜店では、夏でも和装でお出かけされたい方にむけて衣装選びのお手伝いをいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧