1. トップ
  2. 着物
  3. レンタルの晴れ着。雨の場合、何に注意すべき?

着物

レンタルの晴れ着。雨の場合、何に注意すべき?

  • 準備
  • レンタル
  • 注意点
  • 着物
  • 対策
  • 晴れ着
  • 雨天
  • 雨の日
  • 外出
  • 工夫
  • 雨グッズ
  • 撥水
レンタルの晴れ着。雨の場合、何に注意すべき?

結婚式や成人式で晴れ着をレンタルしたものの、あいにくの雨…。うっかり着物を汚さないためには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。雨の日のお出かけ対策や、お役立ちグッズ、万一濡れてしまった時の対応をご紹介します。おめでたいハレの席に着物での失敗がないよう、事前に対策を考えて準備しておくと良いですね。

 

雨の日、レンタル晴れ着で気をつけたいことは?

黒留袖や振袖などの晴れ着には、一般的に、風合いや着心地に優れた絹製の生地が使われます。ですが、絹の着物は雨に濡れると、生地が縮んだりシミになったりする恐れがあります。レンタルの着物は、レンタル料金にメンテナンス費用が含まれていることが一般的ですが、大きなシミや汚れがついた場合は、別途クリーニング代が発生することがあるので注意が必要です。特に縮緬など「しぼ」のある生地は濡れると縮みやすいので、雨の時は万全に対策することをおすすめします。

まずは極力、雨の中を歩かずに済むよう、交通手段を考えましょう。なるべくタクシーや車を使い、車から降りた後も濡れないよう足元に気をつけて。タクシーは予約するのがベターですが、帰りなど予約が難しい時は移動時間に余裕を見ておくと良いでしょう。

雨の場合_交通手段

結婚式の参列なら、会場に更衣室があるか確認して、現地で着替えるのがおすすめです。宴会場があるようなホテルの場合は、ほとんどが更衣室または準備室が用意されています。また雨の日は、湿度で髪のセットも乱れがちなので、ヘアセットと着付けが同じ場所でできると便利です。式の会場または近くに美容院で、着付けとヘアセットがどちらも可能か、事前にチェックしておくといいでしょう。式が終わった後は、洋服に着替えて帰るというのも賢い選択。2次会がある時は、洋装で参加するのも良いですね。また、式場からレンタルした着物を返却発送できると、着物が雨に濡れずにすみ、帰りも身軽です。

 

雨から着物を守るには?もし濡れてしまったら?

前述したように、雨の日は着物で屋外を移動しないように工夫するのが無難です。しかし、やむを得ず着物で外を歩く場合は、防水・撥水加工が施された雨天用のコートがあると安心です。足元が特に濡れやすいので、裾まできちんと隠れる丈を選びましょう。雨コート(雨ゴートとも言います)を着る前に、着物をたくし上げておくと裾を濡らす心配がさらに軽減されます。たくし上げた生地は、帯にはさむか、着物クリップで留めておくと良いでしょう。

雨から着物を守る

雨の中を歩く時は、つま先を内側に向けて歩くようにしましょう。内またで歩幅を狭くし、かかとで雨水を跳ね上げないよう、ゆっくりと歩きます。到着したら足元や雨コートのしずくを拭き取り、着物の裾をおろしてからコートを脱ぎます。

もし、着物に雨のしずくがついてしまったら、ハンカチで表面についている水分をそっと吸い取って応急処置を。しみこんだ水を吸い取ろうと布を強く押し当てると、逆に水分を布に押し込んでしまい、シミになってしまうのでご注意ください。泥跳ねがついてしまった場合、こすったり拭いたりするのは厳禁です。レンタルした着物を返す時に、汚れた箇所を記したメモを付けて返却すると良いでしょう。

なお、さまざまな生地にシュッと吹きかけるだけで手軽に防水効果を与えられる防水スプレーがありますが、絹の晴れ着は非常にデリケートなため、吹きかけた部分がシミになったり変色したりする恐れがあります。修復が困難な場合もあるため、レンタルの場合は着物や草履に防水スプレーを使用するのは避けましょう。

防水スプレーはNG

 

準備しておくと安心な雨グッズは?

ここでは雨の日に準備しておくと、何かと役立つ小物をご紹介します。レンタル着物を汚さないためにも、天気が気になる際はぜひ事前に準備しておきましょう。

雨コート(雨ゴート)

全身をすっぽり包む、オールインワンタイプが一般的。二部式タイプもあり、丈の調整ができるので便利です。

雨草履・草履カバーなど

雨草履は、つま先部分にビニールが付いた雨用の草履です。草履カバーは、手持ちの草履にかぶせることができ、取り外しができるので便利。これらは外履きとして用い、式場など現地に着いたら履き替えるようにしましょう。

撥水加工の足袋・足袋ソックス

出かける際には、撥水加工をほどこした足袋や、足袋型のソックスを履くといいでしょう。替えの足袋を用意しておき、現地に着いたら履き替えます。

撥水風呂敷・エコバッグ

撥水タイプの風呂敷や、エコバッグもぜひ用意しておきましょう。バッグが濡れないように風呂敷で包む、現地に着いたら雨ゴートをエコバッグに入れるなど、何かと重宝します。洋服で出かけて現地でレンタル着物に着替える際も、撥水タイプの風呂敷に着物を包んだ上、バッグに入れて持ち運ぶのがおすすめです。

 

最後に

何かと気を遣うのが、レンタル着物の雨の日対策。なるべく車を使う、時間に余裕を見るなどの工夫が必要ですが、せっかく思い出に残る結婚式や成人式で、雨だからと着物を取りやめにしてしまうのはもったいないですよね。とはいえ昨今は、ゲリラ豪雨など予期せぬ天候変化に見舞われることも珍しくありません。もしもの時の雨対策を事前に準備しておくと、当日になって慌てずにすみます。外は雨でも、着物を着てで良かったと思える記念の日になりますように。

晴れ着の丸昌 横浜店では、結婚式や成人式、パーティーなど、さまざまなシーンに応じた晴れ着レンタルをご用意しております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

▼黒留袖のレンタル

https://www.hareginomarusho.co.jp/costume/tomesode/

▼振袖のレンタル

https://www.hareginomarusho.co.jp/costume/furisode/

▼訪問着のレンタル

https://www.hareginomarusho.co.jp/costume/houmongi/

 

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧