1. トップ
  2. 着物
  3. 押さえておきたい、着物の立ち居振る舞いとマナー

着物

押さえておきたい、着物の立ち居振る舞いとマナー

  • 着物
  • 和装
  • マナー
  • 立ち居ふるまい
  • 歩き方
  • 立ち方
押さえておきたい、着物の立ち居振る舞いとマナー

洋装の時と和装の場合では、ひとくちに歩くといっても所作には大きな違いがあります。普段、着慣れていない人には難しく感じるかもしれませんが、ポイントを押さえて姿勢や身のこなし方を意識するだけでも印象はだいぶ変わります。着物姿をより美しく、上品に魅せるために押さえておきたい動作、姿勢などのポイントをご紹介しましょう。

 

和装の時の基本動作

洋服を着ている時の歩きかたは、足を前に伸ばしてかかとから踏み出します。裾が長い和服の際にもこのように歩いてしまうと、着崩れてしまう原因に。ほかにも立ったり座ったり、置かれた物を取るといった動作の際にも洋装の時とは違う動作をする必要があります。それぞれ、以下をみていきましょう。

 

和装の立ちかた

美しく、凜とした印象を与えるには立ち姿にもコツがあります。背筋はぴんと伸ばして、顎は引き気味にして胸を張ります。いつもは意識していないかもしれませんが、腹筋に力を入れると自然に背筋が伸びるのでおすすめです。膝頭がつくよう少しだけ内股にして、草履のつま先がハの字になるようくっつけると綺麗に見えます。

和装の歩きかた

背筋をピンと伸ばして膝頭をすり合わせるよう内股気味に歩きます。歩幅は小さめにして、つま先を内側に入れるイメージで歩きましょう。洋装の時のように大股で颯爽と歩いてしまうと、着崩れの原因になります。裾がはだけて足首が見えることがないよう、気をつけます。上前を右手で軽く押さえて歩くと奥ゆかしく見えるだけでなく、裾がめくれるのを防ぐことができます。

和装の座りかた

和装で座る動作をする時は、椅子に腰掛けるのと畳の上に座るのとでは動作が異なります。

・椅子に座る

帯がつぶれないよう、背筋は伸ばして浅く腰掛けます。振り袖など長い袖は膝の上に重ねて畳むように置くと床をこすらず汚れません。深く腰掛けてしまうと帯に背もたれが当たって形崩れしたり、つぶれたりする原因になります。

着物で椅子に座る

 

・畳の上に座る

上前や裾の乱れに気をつけながら座ります。着物の上前を右手で少し引き上げて、左手で腿のあたりを押さえて腰を下ろし、右手で上前をなでおろして膝をつきます。座った後に上前裾を右手で整えます。両足を離して座ると行儀が悪く見えてしまうだけでなく、裾から奥が見えてしまうのでしっかりと揃えましょう。立ち上がる時には立てたかかとにお尻をのせて、上前を押さえながら右足から立ち上がります。

着物で畳に座る

和装で物を取る時

テーブルなど台の上の物を取る時、片方の手で袂を押さながら手を伸ばします。落ちた物を拾う時にも同様に、かがむ前に着物の袂を片手で押さえます。振り袖の場合は長い袖を床に引きずらないよう、両方の袖を揃えて持ちます。かがむ際には体を少し斜めにして腰を落とすと品が出て美しく見えます。

着物で物を取る

 

シチュエーション別の所作

次に和装で出かけた際に想定される、さまざまなシチュエーションでの着物の所作について解説します。

和装で車に乗る時

いきなり上半身を車に入れず、まずはお尻から車に入ってシート上に腰掛けます。片手で袖を持ち、もう片方の手で上前を押さえながら体を回転させます。帯を潰さないように浅めに座るのがポイントです。

和装での階段の登り降り

階段を登り降りする際には、右の上前を軽く持ち上げて腰はやや落とし気味で体を少し斜めにしながら登ります。振り袖の場合は前述の動作に加えて、登り降りの前に袖を腕に掛けましょう。ふくらはぎが見えてしまうのは美しくないので、勢いよく足を上げ下げせずにゆったりとした動作を心がけます。

着物で階段昇降

和装でのつり革

移動中に乗る電車やバス。席に座らず、立って乗る際には手すりの低い位置に掴まるようにします。つり革に掴まると、袖口から腕や肘が見えてしまい美しくありません。どうしてもつり革に掴まらないといけない場合には、片方の手で袖口を押さえるようにします。

着物で手を上げる

その他

電話を掛ける時は袖口から腕や肘が見えないよう、袂を押さえて通話するようにします。食事の際にも、乾杯グラスを洋装の時のように高く掲げてしまうと腕や肘が見えてしまいます。片手で袖口を押さえながら掲げるとよいでしょう。

 

訪問する時の所作

和装でお宅にお伺いする際の立ち居振る舞いにも心を配りましょう。

玄関先でのお辞儀のしかた

背筋をピンと伸ばして顎を引き、両手を上前の位置に合わせます。おへそに力を入れて腰を折るようにして上半身を静かに前へと傾けます。すぐに上体を起こしてしまわず、一度静止をしてからゆっくりと元に戻すと美しく、心のこもったお辞儀になります。

着物で挨拶

 

履物の脱ぎかた

訪問先のお相手にお尻を向けてしまうのは失礼に当たります。履物を揃えるのは上がった後に向き直った後にしましょう。まず片足のつま先を浮かせて履物の鼻緒の先からそっと足を外したら、もう片方の足も外します。右手で着物の上前を持って上がり、履物に向き直って跪いたら左の手で袂を押さえて、右手で脱いだ履物の向きを揃えて隅に置きます。

和室での挨拶のしかた

正座をし、手をハの字に置いて上体を傾けてお辞儀をします。傾ける角度は30度が一般的ですが軽い挨拶であれば15度、丁寧ならば45度です。頭から腰までの上体をまっすぐに保ってゆっくりと前に傾けるようにします。

 

最後に

着物を着馴れない人ほど不安に感じるかもしれませんが、手元や足元から肌が見えないように気を配りつつ、背筋をピンと伸ばして顎を引き気味にするのがコツです。上記のポイントを押さえて、いつもより動作をゆったりと行えば和装をより美しく、優雅に魅せることができますよ。

晴れ着の丸昌 横浜店では、振袖や訪問着などの着物についてトータルでご相談いただけます。普段お着物をお召しにならない方でも安心していただけるよう、専門スタッフが丁寧にご説明いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧