1. トップ
  2. 着物
  3. 季節によって着分ける着物。いつ、何を着ればいいの?

着物

季節によって着分ける着物。いつ、何を着ればいいの?

  • 時期
  • 着物
  • 季節
  • 四季
  • 着分け
  • 衣替え
  • 単衣
  • 薄物
  • 上布
季節によって着分ける着物。いつ、何を着ればいいの?

着物のおしゃれは季節感が大切と言われますが、そのルールや決まり事について詳しく分からないという人も多いのではないでしょうか。移ろいゆく季節に合わせて、いつどんな着物を着るのがふさわしいのか着物の着分けについてご紹介します。

 

着物は四季を楽しむ文化

春夏秋冬とはっきりした四季のある日本では、昔から暮らしの知恵として季節によって衣類や持ち物を替える習わしがありました。今も6月1日と10月1日に制服などの「衣替え」の習慣がありますね。着物には、この衣替えの風習が色濃く残っており、仕立てや生地を季節によって着分けるのが決まりごととされており、四季を感じさせる装いをして楽しみます。

 

着分けの基本ルール

着物は季節に応じて、袷(あわせ)、単衣(ひとえ)、薄物(うすもの)を着分けるのが基本のルールです。帯や帯揚げ、帯締め、長襦袢などの小物も季節にあったものを取り入れます。

10月から5月に着る「袷」

袷(あわせ)は春・秋・冬季(10月から5月)に着用できる着物。胴裏、袖裏、裾回しなどの裏地を付けて仕立てられています。重量感があって写真映えするため、オールシーズン着用する方も。また、最初に着物を作るときは袷にする人が多いようです。

6月と9月に着る「単衣」

単衣(ひとえ)は、表生地は袷とまったく同じで、裏地をすべて除いて仕立てた着物。春から夏、夏から秋へと季節が移る時期に着用します。帯や帯揚げ・帯締めなどの小物類は袷と同じものを使用します。見た目は袷と同じですが、裏地が無いため着物の線が出にくくなる場合もあります。

7月から8月に着る「薄物」

夏の暑い時期には、糸の密度を粗くして風通しをよくした布地で仕立てられた薄物を着用します。布地は上布(じょうふ)、紗(しゃ)、絽(ろ)などがあり、裏地を付けずに仕立てることで、軽く涼しくなります。帯、帯揚げ、帯締め、長襦袢などは薄物専用のものになります。

基本のルールを目安に、実際に着物を着用するときは気候や地域、体調に合わせて臨機応変に対応することをおすすめします。

袷、単衣、薄物の着分け

 

色柄も四季を意識して

着物のおしゃれは仕立てのほかに四季折々の柄も意識しましょう。冬にふさわしいのは雪輪や枯山水、そして椿や南天、梅で春を待つ気持ちを表現します。春になれば芽吹きや蝶、桜などで華やかに、夏には藤やあやめ、魚や流水模様などで涼やかに装います。秋には菊や萩、もみじ、月など。その季節にふさわしい色や柄の着物を選ぶのですが、実際の季節より一足早く身に着けるのが粋だとされています。そのため桜が咲き誇る頃に桜柄の着物を着るのは野暮だといわれているのです。

なかには一年中着ることができる柄もあります。例えば抽象的な模様や、吉祥柄などはシーズンを問いません。また花の柄であっても、さまざまな季節の花が同時に描かれているものは、季節を問わず着ることができるとされています。

色や柄で着分け

 

最後に

豊かな四季のある日本では、衣替えや着分けといった季節に応じた着方が発達してきました。基本ルールを押さえて、季節感のある着物スタイルをお楽しみになってはいかがでしょうか。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧