1. トップ
  2. 着物
  3. 着物の前合わせは左右どちらが上?

着物

着物の前合わせは左右どちらが上?

  • 注意点
  • 着物
  • 和装
  • 左右
  • 上前
  • 下前
  • 右前
  • 左前
  • 前合わせ
  • 覚え方
着物の前合わせは左右どちらが上?

着物を着ようとして「あれ?左右の身頃はどちらを上に重ねるのが正しいんだっけ?」と迷うことはありませんか?普段、着る機会の少ない着物は、そういった決まりごとを忘れてしまいがちです。ですが、間違ったまま着てしまうとちょっと残念なことに…。そこでここでは、正しい前合わせとその覚え方をご紹介いたします。

 

前合わせに関する単語を知ろう!

詳しい説明に入る前に、まず前合わせに関連する単語とその意味をご紹介します。

上前(うわまえ)

着物を着て、前を合わせた時に上になる部分。左前身頃と左衽の部分を指します。

下前(したまえ)

着物を着て、前を合わせた時に下になる部分。右身頃と右衽の部分を指します。

上前と下前

これは特に難しくないですよね。上前も下前も、着物を構成している「部分」を表している名称です。ですが、ちょっとややこしいのが次にご説明する「右前」と「左前」。こちらは着付けの際に使われる用語で、ここでの「前」は時間的に前=「先」という意味合いになるのです。

右前(みぎまえ)

右が先 → 右手で持っている方を先に着付ける=右前

左前(ひだりまえ)

左が先 → 左手で持っている方を先に着付ける=左前

前合わせ_右前

そして、和装の前合わせは男性女性に関係なく「右前」が正解です。つまり、先に右側の身頃、続いて左側の身頃を重ねるということになります。着る人から見ると左側の方が上に重なっているのでややこしいですよね。おまけに女性は、ブラウスやコートなどの洋装の場合ボタンが左身頃についており、右身頃を上に重ねて着るので余計に混乱しがちです。

 

正しい前合わせを覚える方法

和装の前合わせは「右前」とご説明しましたが、そうなったのは奈良時代のことだそうです。719年(養老3年)に元正天皇によって発令された衣服令にあった「右衽着装法(うじんちゃくそうほう)」によって、すべての衣服は右前で着装することが定められました。

とは言え、先述したややこしい要因も手伝って、なかなか覚えづらい…というのが正直なところですよね。そこでここでは、いくつかの覚え方の例をご紹介したいと思います。全部を覚える必要はなく、ご自身がいちばんピン!ときた方法をひとつだけ覚えればOKです。

正しい前合わせの覚え方

衿元の形状が相手からy(小文字のワイ)に見える

先に右、その後に左の身頃を重ねて着るので、相手から着物姿を見られた場合、衿元は小文字の「y」のような形状になります。どちら側から見てだったかな…?となった時は「you(あなた)」の「y」と思い出してください。

右利きの人が多いので、右手で懐に手が入る形状になっている

右手と左手で比較すると、右手が利き手という人の方が多数です。また、手で何か動作をする時、人はだいたい利き手の方を使います。多くの人が利き手を使いやすいように、前合わせは右手で懐に手が入る形状になっている、と覚えてみてください。

相手に美しく見えるよう裾にたくさんの柄が描かれている方が外側

柄の描かれていない色無地や、同じパターンで柄が繰り返されているような小紋などは当てはまりませんが、裾に柄が描かれている着物の場合、相手により美しく見えるよう、柄がたくさんある身頃の方が外側になるよう着付けます。

 

前合わせで気をつけたい注意点

和装の決まり事とは言え、1,300年も前に定められた右衽着装法を現代まで気にする必要があるの?と思う方もいるかも知れませんが、逆の前合わせとなる「左前」は仏式のお葬式で故人が身につける経帷子(きょうかたびら)と言われる着物の着付け方です。仏教では、今生きている世界と死後の世界は真逆になっているという考え方があり、その影響から主に葬儀に関するものごとでは逆さ事という風習がいくつもあります。その中のひとつが着装の「左前」なのです。このような背景から「左前」は縁起が悪いとされ、避けるのが決まり事となっています。

ところが現代、その決まり事を守っていても、意図せず前合わせが左前になってしまうケースがあります。それはスマホで自撮りする場面です。なかなか着ることのない着物ですから、せっかく着た時は想い出や記念のためにたくさん写真を撮ると思います。ですがスマホで自撮りすると、鏡と同様に反転するので前合わせが左前になってしまうのです。多くの場合は、画像を保存する際に反転し直されるので大丈夫なのですが、一部の機種やカメラアプリによっては反転のままの保存がデフォルトになっている場合があるので注意が必要です。

前合わせの注意点_自撮り

また、正しく右前で着た場合も、より美しく見えるように注意するポイントがあります。それは、右の身頃の裾を少し持ち上げてほんのわずかだけ着丈を短く着付けるという点です。こうした上で左の身頃を重ねると、内側の裾が下から覗くこともなく、裾も広がりにくくなるため美しく着こなせます。

 

最後に

些細な部分ではありますが、間違えるとちょっと残念な前合わせ。誰かに着付けてもらう場合は問題ないと思いますが、浴衣など自分でも着付けやすい着物の場合は間違えたくないですよね。今回ご紹介した方法の中からひとつだけでOKですので、ぜひこの機会に覚えてみてくださいね。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧