1. トップ
  2. 留袖
  3. 弟、妹の結婚式。姉として着る黒留袖は、どんなものが良い?

留袖

弟、妹の結婚式。姉として着る黒留袖は、どんなものが良い?

  • 結婚式
  • 黒留袖
  • 親族
  • 姉妹
  • 着こなし
  • 既婚
  • 世代
  • 30代
  • 40代
  • 兄弟
  • 義姉
弟、妹の結婚式。姉として着る黒留袖は、どんなものが良い?

兄弟や姉妹の結婚式に出席するのは嬉しいものですよね。小さい頃から可愛がってきた弟や妹の結婚式となれば、なおさらです。既婚女性の場合、新郎新婦の母親をはじめ、近い間柄の親族は黒留袖を着用するのが一般的ですが、姉の立場で黒留袖を着る場合、どのようなものが良いのかご紹介いたします。

 

既婚女性の正礼装は、黒留袖

お住まいの地域の文化や風習にもよりますが、兄弟姉妹といった近しい親族の結婚式の場合、既婚女性は正礼装もしくは準礼装をするのが一般的なマナーです。主に黒留袖を着用するケースが多く、この黒留袖は和装の中で最も格式の高い正礼装にあたります。ゲストをお招きする立場の人がこのような装いをすることで、お越しいただく方々に敬意と感謝を表すという意味合いがあるのです。式を挙げるのが義弟や義妹の場合でも、主催者側の立場であることは変わりませんので、正礼装や準礼装を着用しましょう。

同席する他の親族や、ご自身の年齢とのバランス上、黒留袖を着るのがためらわれる場合は、五つ紋や三つ紋の色留袖を着ることもあります。色留袖は、黒留袖よりも下の格にあたる着物ですが、比翼仕立てで五つ紋が付いていれば黒留袖と同格の正礼装となります。また、三つ紋であれば準礼装となります。なお、色留袖を正礼装として装う場合は、合わせる帯や小物類は黒留袖に準じるのがマナーになります。

既婚女性の正礼装

▼黒留袖の着用マナーや決まりごとは、こちらもチェック!

https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/tomesode/190/

▼色留袖の着用マナーや決まりごとは、こちらもチェック!

https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/irotomesode/201/

 

求められるのは、立場を考慮した着こなし

先述したように、弟や妹の結婚式の場合、近い親族である姉はゲストをお招きする立場。着用する黒留袖は、格調の高い柄が描かれたものがふさわしいと言えるでしょう。良い兆しの意味合いを持つ吉祥文様や、平安貴族の装束にも使われていた有職文様、重厚で典雅な雰囲気の正倉院文様など、伝統的な古典柄がおすすめです。

姉の黒留袖_柄

ただし、新郎新婦の母親や仲人夫人よりも格が高くならないように装うことがポイントです。品格は備えつつ、他の親族とのバランスも考慮して、立場や年齢に応じた黒留袖を選ぶよう心掛けましょう。可能であれば、母親や親族の方々と、どんな黒留袖を着るのか事前に相談をしておくと良いですね。

▼黒留袖の柄については、こちらもチェック!

https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/tomesode/210/

また、着こなしを引き立てる要素として、ヘアーメイクがありますが、和装の際に洋装でドレスアップする時と同じような髪型やお化粧をするとアンバランスになりがちですので気をつけましょう。メイクの基本は、派手になり過ぎないよう上品に。ただし和装には、ナチュラルメイクよりもやや華やかな、しっかりメイクがマッチします。あまりにも控えめ過ぎるメイクだと、黒留袖の存在感に負けてしまいバランスが良くありません。また髪型は、アップスタイルでまとめるのが和装の基本。ただし、ギュッとコンパクトにひっつめ髪にするよりも、全体的にボリュームを出した方が全身のバランスが良くなるでしょう。

姉の黒留袖_ヘアーメイク

▼黒留袖を引き立てるメイクや髪型についてはこちらもチェック!

https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/tomesode/460/

 

若い世代が着る黒留袖の着こなしポイント

振袖のように豪華絢爛なものもありますが、和装をすると、清楚で淑やかな大和撫子の雰囲気が高まり、洋装の時よりも見た目の印象が実年齢よりも高く見えることがあります。黒留袖の場合、地色は黒一色で、柄も裾まわりだけとシンプルなので、余計にその傾向が強くなりがちと言えるでしょう。

30代後半から40代前半くらいの、若い世代の方が黒留袖を着る際は、あまりにも老けた印象になるのは避けたいものです。若々しく黒留袖を着こなすために、次のポイントを押さえてみてください。

柄の選び方

地色の黒にパッと映えるような、彩りの華やかなものがおすすめです。また、大きめの柄が膝より上まで広範囲に入っているものの方が、若さに見合った可愛らしい印象を与えます。なお、黒留袖は柄の面積が小さく、位置も低いほど年配の方向けとされています。

姉の黒留袖_柄の選び方

着付け方

同じ着物でも、合わせる帯やその着付け方によって印象が変わるものです。若い方は着物の柄に合わせて、帯も華やかな印象のものを組み合わせましょう。そして、帯枕は厚めで横幅が無いものを使い、高めの位置でお太鼓を作ります。丸みを帯びてふっくらとした形の方が若い方には似合います。また、衣紋は抜きすぎないように注意します。背筋をピンと伸ばして、肩甲骨のでっぱりに合わせた抜き加減にすると、若々しく見えます。

髪型のまとめ位置

先述したように、和装の場合はアップスタイルにするのが基本なのですが、髪のまとめ位置によって印象が左右されます。首やフェイスラインに近い低い位置になるほど、老けた印象を与えがちなので、やや高めの位置でまとめるのがおすすめです。

 

最後に

大切な弟や妹の幸せを願って臨む結婚式。品格のある黒留袖をきちんと着こなすことで祝福の気持ちを伝え、そして来てくださったゲストの方々にも感謝と敬意を表す。姉の立場として、恥ずかしくない黒留袖の装いで、最高の結婚式にしてくださいね。晴れ着の丸昌 横浜店では、若い世代の方にふさわしい華やかな柄と格調を備えた黒留袖を多数取り揃えています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼40代までの方におすすめの黒留袖はこちら

https://haregi-rental.com/tomesode/search.php?age_cd=1

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧