1. トップ
  2. 留袖
  3. 黒留袖に合わせる帯とそのコーディネートについて

留袖

黒留袖に合わせる帯とそのコーディネートについて

  • 黒留袖
  • 選び方
  • 種類
  • コーディネート
  • 袋帯
  • 合わせ方
  • トーン
黒留袖に合わせる帯とそのコーディネートについて

主に結婚式で新郎新婦の母親や、祖母、叔母などの親族が着用する黒留袖。もっとも格が高い着物のひとつで、既婚女性の第一礼装である黒留袖には、どんな帯を合わせるのがふさわしいのでしょうか?帯の種類、色や柄の選び方、コーディネートのポイントなどについてご紹介します。

 

黒留袖に合わせる帯の種類は?

着物に合わせる帯には、さまざまな種類があります。代表的なところでは、丸帯(まるおび)、袋帯(ふくろおび)、名古屋帯(なごやおび)、半幅帯(はんはばおび)などがありますが、これらは長さや幅、仕立て方などが異なり、その用途も礼装用、カジュアル用と違いがあります。

また、着物に「織り」の着物と「染め」の着物があるように、帯にも織りの帯と染めの帯があります。着物の場合、織りの着物はカジュアルな街着であることがほとんどですが、帯の場合は逆で、一般的に織りの帯の方が格上になります。

黒留袖は第一礼装ですから、合わせる帯は当然、格が高い織りの帯です。主に丸帯か袋帯が使われますが、丸帯は重量があって扱いにくいことから、軽くて結びやすい袋帯が主流となっています。

織りの帯は、織り方の違いで文様が表現されますが、黒留袖に合わせる袋帯は、錦織(にしきおり)、唐織(からおり)が一般的です。これらの帯は、金糸・銀糸、多彩な色糸を用いて豪華絢爛な文様が織られているのが特徴で、見た目にも重厚感があり、黒留袖を一層華やかに演出します。

袋帯

 

黒留袖に合わせる袋帯、色や柄はどう選ぶ?

黒留袖には独特の決まりごとがいくつかあり、帯の合わせ方もそのひとつです。先述したように、錦織や唐織の袋帯を合わせるのが一般的ですが、帯の地色は金か銀、または白になります。そして、柄は吉祥文様や有職文様、正倉院文様などの格調の高いものを選びます。例えば、松竹梅や鶴亀、華文、襷文などはよく見られます。

なお黒留袖には、黒やグレーなど濃い地色の帯は決して合わせません。(地色が黒でも、金糸や銀糸を用いた豪華な礼装用の帯は除きます。)

また、帯まわりの必需品として、帯揚げと帯締めがありますが、これらにも黒留袖独特の決まりがあります。どちらも白色の礼装用を合わせるのが基本で、模様が何も入っていない無地の他、白地に金や銀をほどこしたものでも構いません。帯揚げは綸子(りんず)や縮緬(ちりめん)、絞りのもの、帯締めは平組(ひらぐみ)か冠組(ゆるぎぐみ)が多く使われます。

袋帯の色や柄

 

▼黒留袖のマナーや決まりごとについてはこちらのページもチェック!

https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/tomesode/190/

 

黒留袖と帯のコーディネートのポイントは?

黒留袖には、金地、銀地、白地の袋帯を合わせるのが決まりですが、同じ金地でも色合いの濃いもの、薄いものと様々なバリエーションがあります。そのため、どれをコーディネートすればよいのか、迷うことがあるかもしれません。

そんな時は黒留袖に描かれた柄の、色のトーンを意識してみてください。黒留袖の柄にも、金色や銀色はよく使われます。ですから、帯もその色のトーンに近いもの合わせると、全体的に統一感が出てコーディネートが美しくまとまります。

また、黒留袖の柄と帯の柄の統一感を意識することも、コーディネートを美しく仕上げるポイントのひとつです。例えば、典雅な古典柄の描かれた格調の高い黒留袖には、やはり重厚感のある伝統的な文様の帯がよく合います。一方、洋花などモダンな印象の柄が描かれた黒留袖には、洋風な雰囲気のある帯が似合います。

なお帯は、着物と同等か着物よりも格上のものを合わせるのが着こなしの基本ですので、色や柄と合わせて、格も意識するように心掛けてください。

黒留袖と帯のコーディネート

 

最後に

あまり着る機会がない黒留袖は、帯の選び方、コーディネートの仕方がよく分からず、難しい…と感じてしまうかもしれません。ですが、基本的な決まりごととポイントを押さえていれば大丈夫です。自分らしいコーディネートで素敵に黒留袖を着こなして、最高の想い出となる一日をお過ごしください。なお、晴れ着の丸昌 横浜店では、お選びいただいた黒留袖に合う袋帯のお見計らいやアドバイスをさせていただいております。お気軽に店頭スタッフにご相談ください。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧