1. トップ
  2. 卒業袴
  3. 袴を着た時の足元は何を履く?  草履とブーツのメリット&デメリット

卒業袴

袴を着た時の足元は何を履く?  草履とブーツのメリット&デメリット

  • 特徴
  • 卒業袴
  • 注意点
  • メリット
  • デメリット
  • 草履
  • 足元
  • ブーツ
  • コーディネート
袴を着た時の足元は何を履く?  草履とブーツのメリット&デメリット

卒業式で人気の袴スタイル。足元は「草履」または「ブーツ」を合わせますが、どちらにしたらいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。袴を着用した時の、草履とブーツの特徴についてご紹介します。

 

草履にすると古典的で上品な印象に

本来、和装の足元は草履が基本です。そのため、草履はどんな着物や袴に合わせても違和感なくマッチし、古典的で上品なイメージになります。

また草履はサンダル感覚で脱ぎ履きがしやすいといったメリットもあります。しかし、普段あまり履きなれていない人の場合、歩きにくさを感じたり、足が痛くなったりしやすいというデメリットがあります。また雨や雪の日は、足元が濡れて冷えないよう、対策が必要です。

足元が草履の袴スタイル

 

ブーツを合わせればハイカラな女学生風

袴にブーツを合わせた和洋折衷なスタイルは、大正時代の女学生が通学用に着用したのがルーツだと言われています。レトロで可愛い雰囲気が人気です。ただ着物のデザインによってはカジュアルに見えてしまうこともありますから、足元をブーツにする場合には、卒業式の場にふさわしいコーディネートになるよう、バランスを考える必要があります。

ブーツスタイルのメリットは履きなれた「靴」であるということ。歩きやすさと、ヒールによるスタイルアップ効果が期待できます。さらに、当日寒くても防寒対策がしやすいですし、雨や雪が降っても足が濡れにくいというメリットもあります。しかし、脱ぎ履きが面倒だったり、紐がほどけるといちいち結び直さなくてはならないというデメリットもあります。

足元がブーツの袴スタイル

 

草履とブーツ、それぞれの注意点

草履にするかブーツにするか足元のコーディネートが決まったら、それぞれの注意点もチェックしておきましょう。

袴を着付ける長さが違う

より美しく着こなすために注意して欲しいのが袴の丈の長さ。足元のスタイルに合わせて袴の丈を選んでおかないと、バランスの悪い着姿になってしまいます。

目安としては、草履の場合はくるぶしが見えない程度、ブーツの場合は足首のあたりに裾が来るのがおしゃれです。袴選びの際には「草履は長め、ブーツは短め」というのを頭に入れておきましょう。

袴を着付ける位置の違い

防寒対策をしっかり

卒業式が行われる3月は、まだ寒い地域が多いのではないでしょうか。特に冷えやすい足元はしっかり防寒対策をしておきたいです。草履の場合、袴の下にレギンスを履くなどの対策ができますが、裾から見えてしまうとせっかくの美しい袴姿が台無しなので、短め丈のものにするか裾を折り返すなどしておきましょう。また、足袋の裏に貼るタイプのカイロを装着しておくと冷えが緩和できるのでお試しください。ブーツの場合は普段の防寒と同じように、お手持ちの靴下やタイツでOK。ブーツを脱いだ時、違和感がないように、色は黒などがおすすめです。

 

最後に

袴スタイルの草履とブーツ、どちらにもそれぞれの良さがあります。卒業式にふさわしい、自分らしい足元を選んで、一生の思い出を残しましょう。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧