1. トップ
  2. 訪問着
  3. 訪問着にはどんな帯を合わせたらいい?

訪問着

訪問着にはどんな帯を合わせたらいい?

  • 訪問着
  • フォーマル
  • カジュアル
  • 着こなし
  • ドレスコード
  • コーディネート
  • シーン
  • 場面
訪問着にはどんな帯を合わせたらいい?

訪問着は、縫い目をまたいで柄がつながっている絵羽模様が特徴の着物です。結婚式などのお祝いの席から、気軽なパーティーまで、さまざまなシーンで活躍します。昔から「着物1枚に帯3本」という言葉があり、同じ着物でも帯が3本あれば、組み合わせ次第で違った印象に見えると言われます。つまり帯次第で、格調高くもおしゃれにもコーディネートできるということ。行く場所の趣旨やドレスコードを踏まえた上で、素敵な帯合わせを考えてみましょう。

 

帯の格とは?訪問着にはどんな帯がいい?

同じ着物でも合わせる帯によって、格や雰囲気を変えられるのが着物の良さ。とは言え、どんな組み合わせでも良いのではなく、着物に合わせて帯も格を揃えなくてはなりません。華やかさと品格を併せ持つ訪問着は、準礼装の着物。そんな訪問着には、格の高い袋帯を合わせるのが基本です。袋帯とは、両端が袋状になっていて、二重太鼓に結ぶことができる帯のことを指します。

帯の格を見分けるポイント

帯の格を見分けるには、いくつかポイントがあります。まず形状で見ると、格の高い順に、1.袋帯、2.洒落袋帯、3.名古屋帯、4.八寸帯、5.半幅帯になります。

染めか織りかで見ると、帯は着物とは逆に、染めよりも織りの方が格上です。「染めの着物に織りの帯」と言われるように、染めの着物にあたる訪問着には錦織や綴織といった織りの帯を合わせるのが基本です。

金糸銀糸の量もポイントのひとつ。金糸銀糸を多用している帯は礼装用の帯で、あらたまったシーンに向いています。金糸銀糸の分量が少ないと、同じ袋帯でも洒落帯と呼ばれ、カジュアル向けになります。

袋帯

文様も格付けに関わります。吉祥文様、有職文様、正倉院文様などの古典文様は、格の高い文様とされます。一方、現代的なテイストの幾何学柄や遊び心を利かせた柄を用いた帯は、伝統的な古典文様に比べると格が低くなるため、カジュアルなシーンに合わせるのが良いでしょう。

 

結婚式などフォーマルなシーンで着る訪問着に合う帯は?

訪問着に合う帯の基本を押さえたところで、フォーマルな場での訪問着+帯のコーディネートをご紹介します。

結婚式など華やかなお祝いの席に

結婚式に招かれた時など、お祝いの席では品格があり華やかな装いが好まれます。広幅に折った帯地を二つ折りにした丸帯が、かつては正装に用いられてきましたが、今は袋帯が主流です。袋帯で二重太鼓に結ぶ他、ふくら雀や立て矢などの飾り結びも豪華な印象になって良いでしょう。柄は、金銀糸を多用した格調高い古典模様がおすすめ。吉祥文様などの古典柄は、古くから伝わるおめでたい柄なので、訪問着にも帯にも最適です。

お祝いの席の訪問着と帯

関連記事

結婚式には訪問着で出席できる? ゲストとしてお呼ばれする場合

七五三や入学式に母親として

入学式、卒業式、七五三など、子供が主役の行事に着物で出席する時は、派手になりすぎないよう上品な装いを心掛けましょう。着物は淡い色合いで柄が控えめの訪問着を選び、帯は格調高い文様の袋帯や織りの名古屋帯を合わせるのがおすすめです。帯結びは、落ち着いた二重太鼓に結ぶのが良いでしょう。

子供の行事の訪問着と帯

関連記事

お子様の七五三、母親にふさわしい服装とは

茶道のお茶会に招かれたら

お茶会に招かれたら、お茶会の趣旨や格式に応じた装いが必要です。訪問着と袋帯の組み合わせは、あらゆるお茶会に対応できるアイテムです。格式の高いお茶会なら、金糸銀糸を多用した格調高い古典柄の袋帯を合わせますが、気取らないお茶会には、洒落袋帯を合わせてカジュアルダウンすることができます。

茶道の着物_小物のルールと決まり事

関連記事

茶道で着る着物には、どんなルールや決まり事がある?【小物編】

 

気軽なパーティーで着る訪問着に合わせる帯は?

訪問着は準礼装の着物ですが、帯合わせで少しカジュアルな場にも対応します。そんなよそ行きにふさわしい組み合わせをご紹介します。

祝賀会などおめでたいパーティーに

祝賀会などのパーティーでは、亀甲や七宝、松竹梅といった吉祥文様などの帯を合わせ、おめでたさを表現した装いがおすすめです。気取らない席なら、綴織りの名古屋帯でも良いでしょう。金銀の分量や文様によっては、洒落袋帯よりも格が上がります。

レストランでの食事やお出かけに

レストランでの食事や、観劇などのお出かけに訪問着を着ていくなら、落ち着いた色柄を選ぶのが良いでしょう。帯は、金糸銀糸が控えめの洒落袋帯がおすすめです。名古屋帯と合わせる場合は格の高い織りを選び、染めの名古屋帯は避けた方が無難でしょう。

着物と帯の合わせ方に悩んだ時には、同系色を選ぶと上品にまとまります。また、着物の柄に使われている色の一部と、帯の色を合わせてもしっくり馴染みます。

 

最後に

帯は洋服に例えると、マフラーやストールのようなもの。コーディネートのアクセントになり、帯を変えるだけで印象が変わります。汎用性の高い訪問着も、帯の組み合わせによってさらにフォーマルな装いからおしゃれ着まで、着こなしの幅が広がります。帯合わせの楽しさに気がついて、いろんなシーンに着ていくことができたら、ますます着物が好きになりそうですね。

晴れ着の丸昌 横浜店では、結婚式や成人式、パーティーなど、さまざまなシーンに応じた晴れ着レンタルをご用意しております。訪問着はもちろん、留袖、振袖、色無地など種類も豊富です。また、シーンにふさわしい晴れ着と帯のコーディネートについてのご相談にも応じておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼訪問着のレンタル

https://www.hareginomarusho.co.jp/costume/houmongi/

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧