1. トップ
  2. 着物
  3. フォーマルなシーンで着る着物にはどんな種類があるの?

着物

フォーマルなシーンで着る着物にはどんな種類があるの?

  • 礼装
  • 準礼装
  • 基礎知識
  • フォーマル
  • 略礼装
  • 種類
  • 着物
フォーマルなシーンで着る着物にはどんな種類があるの?

フォーマルシーンで着物を着こなすには、その場にふさわしい着物を着分ける知識が求められます。そこで、代表的な着物の種類とその特徴、どんな時に着用するのかご紹介します。

 

着物にはTPOがある

さまざまな種類がある着物は、種類によって格付けがあり、シーンによって着用する種類がまったく異なります。さらに、振袖のように未婚の女性だけ着るものといった区別もあります。また、同じ種類の着物でも紋の数や合わせる帯、小物などによって格が変化することもあり、シーンに適した使い分けができないと、場違いやマナー違反になってしまうことも…。せっかくのフォーマルシーンに着る着物、ふさわしい着こなしで出かけるために、基礎知識を事前に押さえておきましょう。

※下記にあげたものはあくまでもひとつの目安です。地域や個人の考え方によって解釈は変わってきます。

 

フォーマル着物の最上位は「礼装」

一口に「フォーマル」と言っても、非常にかしこまった場面から、それほど格式張らない場面まで幅があります。そのため、着物も「礼装」「準礼装」「略礼装」を場面に合わせて着用します。その中で、冠婚葬祭などの儀式に出席する際に着用する正式な装いが「礼装」で、黒留袖、色留袖、振袖、喪服といったものがそれにあたります。

フォーマル_礼装

 

黒留袖

着物の中で最も格が高く、既婚女性の第一礼装とされています。おもに結婚式で新郎新婦の母親や仲人夫人が着用します。地色は黒で、上半身には柄がなく、裾にだけ縁起のよい模様が縫い目をまたいで続く絵羽模様で描かれています。 五つ紋を入れ、衿、裾、袖口、振りは、白羽二重の着物を重ねて着ているように見える比翼仕立てにします。

色留袖

地色が黒以外の色で染められた色留袖は、黒留袖に準ずる格式のある礼服です。 地の色合いのほかは、裾模様や仕立て方法など、基本的に黒留袖と同じです。格も五つ紋が入ると黒留袖と同格になります。黒留袖は既婚者用ですが、色留袖は未婚女性も着ることができます。さらに黒留袖にはない一つ紋や三つ紋つきの着物があるのも特徴で、これは準礼装、略礼装として結婚式やパーティーで着用できます。

振袖

未婚女性の第一礼装です。振りと呼ばれる長い袖が特徴です。模様が縫い目で途切れず、一枚の絵のように描かれている絵羽模様になっており、デザインの種類が豊富です。結婚式の花嫁のお色直しの衣装として、また、成人式や卒業式の衣装として、晴れの舞台に着用される着物です。結婚された後、袖を短く仕立て直し、訪問着として着る方もいらっしゃいます。

黒喪服

喪主や故人の親族が葬儀や告別式に着る、弔事の第一礼装です。地紋の入っていない無地が喪の正式とされています。必ず五つ紋を入れ、着用の際は長襦袢と半衿、足袋は白のものを、それ以外の小物は黒のものを合わせます。

 

礼装に次ぐフォーマル着物は「準礼装」と「略礼装」

礼装のように正式な装いではないものの、きちんと礼儀を尽くした装いとされるのが「準礼装」と「略礼装」です。準礼装は礼装に準じた改まった装いで、訪問着や色無地があります。略礼装は格式張らない結婚式やパーティーに向く装いで、江戸小紋、付け下げ、小紋などがあります。ただし、紋の数や柄の種類、合わせる帯や小物などによって準礼装にも略礼装にもなることを意識して装うことが必要です。

フォーマル_準礼装、略礼装

訪問着

未婚、既婚問わず準礼装として着られます。披露宴、パーティーなどのほか、七五三・お宮参り・入学式・卒業式など、子どもの行事のお母様の着物としても多く着用されています。成人式や卒業式の振袖の袖を短く仕立て直して訪問着とすることもあります。柄は「絵羽模様」ですが、黒留袖や色留袖と違い、通常は胸や袖にも柄があり、比翼仕立てにはなっていません。

色無地

黒以外の一色に染めて仕立てた、柄のない無地の着物です。幅広く着られ、全体的に控えめな印象になります。紋の有無で格が変わり、紋なしの場合は外出着や習い事などの際に着用します。紋をつけた場合は準礼装となり、紋が1つでも入れば無紋の訪問着より格上になります。 現在では1つ紋を入れた色無地を、帯や小物によって格調高く整え、よりフォーマルな場面で着る場合もあります。華やかな色調のものは吉事に着用し、暗く沈んだ色調のものは、帯や小物類に喪服のものを合わせて凶事にも使用できます。

江戸小紋

もともとは武士の裃に使われていた柄で、遠目には無地に見えますが、近づくと細かい一色染めの柄があります。江戸小紋三役や大名家の留柄など、格が高いとされる柄に限っては、色無地と同格になります。一つ紋を入れると準礼装として着用できます。

付け下げ

正式な礼装ではありませんが、訪問着のように改まった訪問や年始の挨拶などの際に、おしゃれ着として用いられます。柄は模様がすべて上向きになるのが特徴です。第二次世界大戦中に華やかな訪問着が禁止されたため、簡略化した着物として作られました。一つ紋を入れると準礼装として着用できます。

小紋

パターン型で模様が描かれている型染めの着物です。絞り、更紗、縞模様、沖縄地方独特の染めである紅型などといった種類があります。吉祥文様や古典柄であれば、コーディネート次第で友人の披露宴などに着られます。おしゃれな幾何文様や飛び柄などは、ちょっとした集まりや観劇など、フォーマルではないけれどおしゃれしたい時に、街着として気軽に楽しめる着物です。

 

最後に

フォーマルなシーンで着物を着ることで、お祝いやお悔やみの気持ちを表現したり、場の雰囲気を盛り上げたりすることができるだけでなく、着ている人の格を上げることにつながります。着慣れないうちは難しく感じることもあると思いますが、できるだけ着物を着る機会を増やして慣れていくことで着物に対する理解度も増していきます。臆することなく、機会があればどんどん着用していきましょう。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧