1. トップ
  2. 礼服
  3. はじめての紳士礼服 種類と選び方のポイント

礼服

はじめての紳士礼服 種類と選び方のポイント

  • 選び方
  • 準礼装
  • フォーマル
  • カジュアル
  • 紳士礼服
  • 正礼装
  • 略礼装
  • 種類
  • 冠婚葬祭
  • はじめて
はじめての紳士礼服 種類と選び方のポイント

知っているようで意外に知らない男性の礼服。はじめての紳士礼服を購入する時、または紳士礼服をレンタルする際の選び方についてポイントを押さえておきましょう。

 

礼服の種類

男性の礼装は大きく分けて、正礼装、準礼装、略礼装の3つの種類があります。それぞれについて見てみましょう。

礼服の種類

もっとも格式が高い正礼装

モーニングコート(モーニング)

昼用の正礼装です。おもに結婚式の新郎・新婦の父、格式の高い式典の主催者や叙勲、 園遊会の参加者などが着用します。

特徴はジャケットの形で、前の裾が斜めに大きくカットされています。黒い上着とベスト、グレーの縦じまのスラックス(コールズボン)のセットが基本ですが、結婚式の新郎は華やかなグレーの上着を着用することもあります。

燕尾服

夜用の正礼装。格式の高い結婚式や、記念式典などで「ホワイトタイ」と指定がある際に着用します。「燕尾服」というのは後ろの裾がつばめの尾のように長くなっているため。色は白と黒でまとめるのが基本です。

タキシード

夕方以降に行われる結婚式や記念式典「ブラックタイ」と指定がある場合など、フォーマルなパーティーでの正礼装で、色は白と黒でまとめるのが基本です。デザインは蝶ネクタイとカマーバンドが特徴的です。

改まった席に着用する準礼装

ディレクターズスーツ

昼間の準礼装。結婚式、記念式典、パーティーなどで着用します。ブラックスーツよりは格上にあたり、結婚式では新郎・新婦の父がモーニングの代わりに着用することもあります。黒のジャケットにベスト、グレーの縦じまスラックス(コールズボン)をセットで着用します。

ブラックスーツ

昼夜とも着用できる黒いジャケットとシングル裾のスラックスです。

もっとも応用範囲が広く一般的な礼服で、かつては略式という位置づけでしたが、現在は、結婚式や祝賀行事、葬儀・告別式まで冠婚葬祭のあらゆるフォーマルシーンに着用できます。

二次会などにも使える略礼装

ダークスーツ

濃紺やダークグレーなどダークカラーの無地のスーツです。略礼装として、カジュアルな結婚式や披露宴の二次会、音楽会、ディナーショーなどの公式な会への出席など少し改まった席に着用できます。

 

男性の礼服の選び方

礼服を選ぶ際には、まずどのような会に列席するための礼服なのか、その礼服の着用シーンを考える必要があります。行事の内容や格式、慶事なのか弔事なのか、昼間なのか夜間なのか、さらにその着用シーンでのご自身の立場(主催者側か、招待者側か)も考慮する必要があります。

 

ブラックスーツの選び方のポイント

男性の礼服は、よく使うブラックスーツを購入して、正礼装を着る機会にはレンタルで済ませる、という人が多いようです。ここではブラックスーツを購入する時の選び方について解説します。

ブラックスーツには、秋冬用・春夏用の2種類がありますが、とりあえず1着という場合は、裏地のある秋冬用を先に購入すると良いでしょう。裏地のない春夏用はその後に準備しておくと安心です。

長く着るものなので、流行のデザインは避け、シンプルなものを選びましょう。ダブルとシングルがありますが、どちらも格式に違いはありません。また、生地に光沢があるものは慶事には最適ですが、弔事には向きません。

サイズはジャストサイズのものよりも、ややゆとりのあるものをおすすめします。特に細身のシルエットを選ぶ際は、数年後の自分の体型も考慮しましょう。幅広いシーンで長く使えるものを選ぶのがポイントです。

 

最後に

改まった席や、特別なパーティー、冠婚葬祭でもビシッと礼服を着こなしている男性は見た目にも格好が良いものです。着こなしや選び方に迷ったらお店の人などに相談すると良いでしょう。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧