1. トップ
  2. 礼服
  3. 結婚式へ着ていく礼服選びのポイント 男性編

礼服

結婚式へ着ていく礼服選びのポイント 男性編

  • 結婚式
  • 選び方
  • 礼装
  • 父親
  • ゲスト
  • ポイント
  • 礼服
  • 男性
  • 列席者
結婚式へ着ていく礼服選びのポイント 男性編

結婚式にはどのような礼服(フォーマルウェア)を選ぶべきか、服装に悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。男性が結婚式へ着ていく礼服(フォーマルウェア)の選び方のポイントをご紹介します。

 

礼服(フォーマルウェア)は敬意を表すために着る服

冠婚葬祭全般で敬意を表すために着る服を「礼服」「フォーマルウェア」といいます。ブラックフォーマルウェアとカラーフォーマルウェアに分けられ、一般的にお葬式などの弔事に着用するものがブラックフォーマルウェア、結婚式など慶事用がカラーフォーマルウェアとなります。

また礼装は格式の高さによっていくつか種類があり、もっとも格式高い礼装を「正礼装」と言い、準じて「準礼装」「略礼装」となります。

男性の礼服の種類

礼服(フォーマルウェア)の例

男性:モーニングコート、燕尾服、紋付羽織袴、タキシード、ブラックスーツなど

女性:パーティードレス、セレモニースーツ、ブラックフォーマル、留袖、振袖など

 

結婚式の男性ゲストにふさわしい礼服(フォーマルウェア)

結婚式にゲストとして出席する場合、男性の服装は基本的には準礼装で出席するのが良いとされています。中でもブラックスーツは昼夜の時間帯を問わず着られるため、最も一般的に使用される衣服(フォーマルウェア)です。なお、カジュアルなウエディングパーティーなど、招待状に「平服で」と書かれている場合には、格がひとつ下になる略礼装のダークスーツを着用するとよいでしょう。色はチャコールグレーやミッドナイトブルーなどがおすすめです。

ディレクターズスーツ

昼の準礼装。黒色の背広とコールズボン(黒とグレーのストライプパンツ)を組み合わせた礼服(フォーマルウェア)です。結婚式の主賓やスピーチを担当する方向きですが、カジュアルな結婚式では新郎・新婦のお父さまがディレクターズスーツを着ることもあります。こういった場合は、格が被るのを避けるため、ゲストはブラックスーツを着用するほうが無難かもしれません。

タキシード

夜の準礼装。夕方以降(目安は、夏場18時以降、冬場は17時以降)に行われるパーティー・披露宴におすすめです。ディレクターズスーツと同様、スピーチや乾杯の挨拶を頼まれている人向きですが、個性を出したい場合にも良いでしょう。正式には黒の蝶ネクタイを合わせますが、カジュアルなパーティーでは少し華やかなものに変えてみるとおしゃれ度がアップします。

ブラックスーツ

昼夜関係なく着用できる準礼装。その名の通り上下が黒の無地スーツで、ほとんどのフォーマルシーンに対応可能なため、男性にとって一番スタンダードな礼服(フォーマルウェア)と言えるでしょう。

華やかさを演出するネクタイや小物アイテム

これまでは、礼服(フォーマルウェア)に合わせるのであれば、白ネクタイ、つけても白チーフまでが常識とされていましたが、最近はカラーネクタイやチーフをする人も増えています。フォーマル感は守りつつ、華やかなネクタイやポケットチーフをうまくまとめた着こなしも素敵です。

 

新郎新婦の父親にふさわしい礼服(フォーマルウェア)

結婚式や披露宴における父親・母親の立場は特別なもの。我が子にとっては一生に一度のことですので、子どもが恥ずかしい思いをしないようマナーには注意しましょう。

新郎新婦の父親の場合、基本的には正礼装が最もふさわしい衣裳です。しかし最近はカジュアルな結婚式も増えており、衣裳に対する考え方もさまざまです。いずれにしても両家の格を揃えるのが第一ですので、事前にお子さんに確認し両家の親で服装を合わせましょう。

新郎新婦の父親の礼服

モーニングコート

昼間の正礼装。特徴はジャケットの形で、前の裾が斜めに大きくカットされています。黒い上着とベスト、グレーの縦じまのスラックス(コールズボン)のセットが基本です。結婚式でモーニングコートを着ている人を「あの方がお父さんだ」と思うことも多いのではないでしょうか。

燕尾服

夜の正礼装。テールコートと呼ばれることもあります。後ろの裾がつばめの尾のように長くなっているのが特徴です。色は白と黒でまとめるのが基本です。夕方以降(目安は、夏場18時以降、冬場は17時以降)に結婚式・披露宴が行わる場合はモーニングコートではなく燕尾服を着用しましょう。

タキシード

厳格には、タキシードは夜の準礼装にあたりますが、現代では燕尾服が一般的に着られることが少ないため、タキシードを実質的な夜の正礼装として着ることができます。色は白と黒でまとめましょう。白無地のウイングカラーのシャツに黒の蝶ネクタイを合わせ、ベルトではなくサスペンダーを着用し、黒のカマーバンドをします。ポケットチーフは白を使用しましょう。

 

最後に

結婚式や披露宴には、ふさわしい礼服(フォーマルウェア)で出席することが祝福の気持ちを表現することにつながります。素敵に着こなしてお祝いしてあげてくださいね。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧