1. トップ
  2. 留袖
  3. はじめての黒留袖 黒留袖の特徴と着用時の決まりごと

留袖

はじめての黒留袖 黒留袖の特徴と着用時の決まりごと

  • 第一礼装
  • 結婚式
  • 黒留袖
  • 既婚女性
  • 決まりごと
  • 選び方
  • はじめて
はじめての黒留袖 黒留袖の特徴と着用時の決まりごと

「黒留袖」は既婚女性が着用するもっとも格式が高いとされる「第一礼装」です。結婚式や披露宴など、マナーが大切な場で美しく着こなすために、黒留袖の特徴や決まりごと、着用時のマナーをしっかり覚えておきましょう。

 

黒留袖とはどんな着物?

既婚女性が着用する着物の中では、最も格式が高い第一礼装になるのが「黒留袖」です。地色が黒の着物を指し、生地には地模様の無い縮緬を用いて、裾部分にのみ模様が入っているのが特徴です。黒留袖は、主に結婚式や披露宴の礼装として着られ、新郎新婦の母親や祖母などの親族や、新郎新婦と関係が深い仲人夫人といった、主役にごく近い関係の者が着用するのがマナーです。

黒留袖とはどんな着物

 

黒留袖の決まりごと

黒留袖には背にひとつ、両袖の後ろと両胸にそれぞれひとつずつ、最上格となる「染め抜き日向紋」で合計5つの家紋(五つ紋)を入れます。レンタルの場合は通紋や貼り紋などを使います。なお、第一礼装である黒留袖は、色留袖のように三つ紋や一つ紋で紋を入れることはありません。

仕立ては「比翼仕立て」という方法を用い、胴裏の他に比翼地という生地を使って2枚を重ねているように仕立てます。もともと留袖は、白羽二重のきもの(下着)と二枚重ね(長襦袢+白羽二重きもの+留袖の計三枚)で着られていましたが、現在では簡略化され、着物の衿・裾・袖口・振りなどに羽二重の布を重ねて縫い付け、二枚重ねを着たように見せる比翼仕立てが一般的になっています。比翼仕立てには祝い事が重なると縁起が良い、という意味も含まれているそうです。

 

黒留袖の選び方と着用する際の決まりごと

黒留袖の柄は、年齢や新郎新婦との続柄にふさわしいものを選びましょう。一般的に、裾模様の面積が小さく、模様の位置が低いほど年配の人向けだといわれています。新郎新婦の母親はやや落ち着いた柄で、格調の高いものが良いでしょう。20代や30代くらいまでは、大きめの柄付けで、彩りが華やかなものがおすすめです。

黒留袖の選び方と決まりごと

帯の選び方と着用する際の決まりごと

着物にあわせて帯は格調あるものを選びましょう。黒留袖には「袋帯」と呼ばれる帯を合わせます。袋帯は、表地と裏地を別々に織り、その両端をかがって袋状に仕立てた帯です。表地だけが金銀糸や色糸を使って美しい文様を織り出した錦織や唐織、綴織、佐賀錦などで、裏地は無地か地紋です。幅は約31cm、長さが4m20cm以上あります。お祝い用の袋帯は、主に二重太鼓や振袖用の変わり結びに用いられます。黒留袖の場合、帯は二重太鼓で結びます。柄は着物に合わせた、格調の高い吉祥文様を選びましょう。黒留袖には黒や濃い地色の帯は締めないのでご注意を。

帯揚げ、帯締めの選び方と着用する際の決まりごと

帯の上からチラリと見える「帯揚げ」や帯の上から結ぶ「帯締め」は、「白」が基本となります。白地に金や銀が入っているものでも構いません。第一礼装として留袖を着用する場合、色物の帯揚げ、帯締めは使いません。

草履、ハンドバッグの選び方と着用する際の決まりごと

第一礼装である留袖には、かかとが4~5cm程度ある「礼装用草履」を合わせます。素材は白に金、銀などを織り込んだ布地のものや、エナメルなどが一般的です。草履の台と鼻緒が同色あるいは同素材のものが適しています。バッグについても留袖には礼装用を合わせます。

扇(末広)の選び方と決まりごと

末広とは、「祝儀扇」とも呼ばれる留袖の帯に差す「扇」のことを指します。骨が黒塗りで、金、もしくは銀の地紙のものが一般的です。ほかには白地に金箔押し、銀箔押しのものなどもあります。

末広は儀式用のため、広げて使用はしません。通常は体の左側の帯に差し、集合写真やお客様のお出迎えやお見送りなどの時には、右手に持ち左手を添えます。

その他の小物の選び方と着用の際の決まりごと

黒留袖を着用する際は、肌襦袢の上に着る長襦袢は「白の無地」が基本です。長襦袢の衿に縫い付ける半衿も白を合わせます。足袋も同様に白を選んでください。

 

最後に

黒留袖は、既婚女性が着用する着物の中で最も格式が高いものとなります。結婚式では新郎新婦の親族より格が高いものを着用するのはマナー違反とされています。ゲストとして着物を着て参列する場合は、黒留袖より格下の装いにしましょう。色留袖なら三つ紋か一つ紋、一つ紋の色無地や付け下げ、訪問着、格のある小紋などもおすすめです。

このように、黒留袖をはじめ、正式な場所で着用する着物にはさまざまなマナーや決まりごとがあります。それらを理解して、着物を美しく着こなしましょう。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧