1. トップ
  2. お宮参り
  3. 冬のお宮参り 服装の準備や寒さ対策はどうする?

お宮参り

冬のお宮参り 服装の準備や寒さ対策はどうする?

冬のお宮参り 服装の準備や寒さ対策はどうする?

赤ちゃんの無事の誕生に感謝し、これからの健やかな成長を願って行うお宮参り。きちんと参拝、ご祈祷をしたいと思う反面、冬の厳しい寒さの中、まだ生まれて間もない赤ちゃんを連れて行っても大丈夫かしら…という心配もあるかと思います。そこでここでは、冬のお宮参りについて、赤ちゃんの服装の準備や寒さ対策としてできることや、注意したいことをご紹介します。ぜひ参考にして、赤ちゃんに負担の少ないお宮参りをなさってください。

 

お宮参りの際の、赤ちゃんの基本の衣装は?

お宮参りの赤ちゃんが身に着ける衣装は、白羽二重(=真っ白な絹の生地で作られた、柔らかく光沢のある着物)の内着に祝い着を掛けた和装が正式とされています。ですが昨今は、白羽二重の代わりに、白いカバーオールなどを着用し、その上に祝い着を掛けるスタイルが主流です。祝い着は、赤ちゃんを抱っこした人の体の前の方から、赤ちゃんを覆うように掛け、祝い着についている紐をその人の体の後ろで結んで留めます。

基本のお宮参り衣装

祝い着のデザインは、赤ちゃんが男の子か女の子かで色柄が異なります。男の子は鷹や虎、兜などのたくましく勇ましいイメージのもの、女の子は手毬や熨斗、蝶などの美しく上品なイメージのものが描かれますが、どちらも縁起の良い柄である点は共通しています。色は、男の子は黒、紺、緑などの濃く引き締まった色が多く、女の子は赤、ピンク、白など明るく華やかな色が定番です。

お宮参り衣装_男の子用の色柄

お宮参り衣装_女の子用の色柄

なお、記念撮影の際に仰向けに寝かせた赤ちゃんの上に祝い着を掛けて撮ることはありますが、赤ちゃん本人に羽織らせて使うことはありませんので、祝い着を選ぶ際にサイズを気にする必要はありません。

一方、洋装の場合は、セレモニードレス、ベビードレスと呼ばれる衣装を着用します。もともとは、キリスト教の洗礼の儀式の際に赤ちゃんが着るクリスニングガウンが由来です。レースやフリル、刺繍など装飾があしらわれた豪華なものから、シンプルなものまでデザインはさまざまですが、「なにものにも染まらないように」という意味から色は白が基本です。

和装の場合も洋装の場合も、日差しや風などの外的刺激や、よだれや吐き戻しによる汚れを避けるため、帽子やスタイを着用するのが一般的です。地域によっては、祝い着にお守り袋やでんでん太鼓などをつける場合もあります。

お宮参り衣装_帽子とスタイ

▼関連記事

お宮参りの時、赤ちゃんや両親はどんな着物や洋服を着るの?

動画でわかる、お祝い着の着せ方

 

冬のお宮参り衣装はどうする?

お宮参り衣装を和装にするか洋装にするかを決めたなら、次は冬の寒さ対策を考えなければなりません。ご存知の通り、生まれて間もない赤ちゃんは、自分でうまく体温調節が行えないため、外気温に大きく影響を受けてしまいます。お宮参りでは、神社の境内の移動、神殿でのご祈祷など、エアコンがない寒い場所で過ごすことも多いので、しっかり配慮してあげましょう。

普段、私たちが季節に合わせて洋服の種類を変えるように、着物も季節によって着分けます。具体的に言うと、秋・冬・春(10月~5月)にかけては袷(あわせ)、盛夏(7月~8月)は薄物(うすもの)、盛夏の前後(6月と9月)は単衣(ひとえ)と呼ばれる着物を着用するのが基本のルールです。これは祝い着も同様で、冬のお宮参りには袷を選ぶのが一般的です。

袷の着物は、胴や裾のまわり、袖の部分に裏地をつけて仕立ててあるため、単衣や薄物に比べて重量感があり、着るとぬくもりが感じられます。そのため、冬にふさわしい着心地の着物となっています。(ただし、現在は屋内にはほとんどエアコンが完備されているため、オールシーズン着用可能)

冬のお宮参り_袷の祝い着

冬のお宮参りの場合には、吸湿性と保温性に優れた綿素材のなかでも、ニットガーゼやフライス、スムース素材といった、ふんわりと柔らかくウォーム感のある肌着を着せ、カバーオールなども冬用のものを着用しましょう。そして、袷の祝い着を掛けてあげると良いでしょう。洋装の場合も肌着やセレモニードレスは冬用の暖かい着心地のものを選び、その上にマントのように全身を覆えるベビーケープなどを掛けて防寒してあげると良いでしょう。

▼関連記事

季節によって着分ける着物。いつ、何を着ればいいの?

 

寒さ対策はどうすればいい?

体温調節がまだうまくできない赤ちゃんにとって、暖房でぬくぬくの屋内と北風が吹きすさぶ屋外では温度差が大きく、冬は身体の負担が大きい季節と言えます。お宮参りがきっかけで体調を崩してしまわないように、できるだけ対策を講じてあげましょう。

脱ぎ着がしやすい防寒着を備える

外気温に左右されやすい赤ちゃんを寒さから守るため、防寒着の準備は必須です。ただし、厚手のものを着せるより、薄手のものを重ね着させる方が体温調節を行いやすいでしょう。カバーオールなどの上にベストやカーディガンを羽織らせたり、赤ちゃんをサッと包めるおくるみやブランケットがあると便利です。状況に応じて調整できるよう、脱ぎ着がしやすいものを選ぶのがポイントです。

冷えやすい手や足、頭にも防寒アイテムを

寒い屋外にいると、衣服から出ている手や足、頭などはすぐに冷えてしまうので、ミトンや靴下、レッグウォーマー、帽子を着用して防寒してあげましょう。電子レンジやお湯で温めて使う、保温ジェルなどもあると便利かも知れません。ただし、利用する際は赤ちゃんが低温やけどにならないように、直接肌に当たらないよう専用のカバーやハンカチなどで包んで使用しましょう。(使用する保温ジェルの説明書を必ずご確認ください)

場所に応じて着せすぎ注意

赤ちゃんは体温調節がうまくできない上、汗腺の数は大人と変わらないため、とても汗かきです。防寒のためにたくさん着せた結果、汗をかいてしまうと、その汗が冷えて寒くなる…という悪循環に陥ります。屋内・屋外の場所に応じて着せ方を変え、汗をかきすぎないよう注意しましょう。

空気の乾燥に注意して水分補給を

冬場は外気が乾燥しているだけでなく、屋内の空気も暖房で乾燥しがちです。その上、赤ちゃんは汗っかきですので、水分補給は重要です。乾燥した環境では、肌や粘膜のバリア機能が低下するため、菌やウイルスが身体に侵入しやすくなります。風邪やインフルエンザの予防のためにも、加湿、水分補給を心掛けてください。また、赤ちゃんは皮膚が薄く肌も乾燥しやすいので、保湿クリームも塗ってあげましょう。

 

最後に

冬のお宮参りを赤ちゃんに負担をかけずに行うコツは、事前にきちんと冬用の服装の準備を整え、寒さ対策を講じることです。そうすれば一生に一度のお宮参りが、満足のゆく良い想い出になることでしょう。ですが、無理は禁物です。寒さが厳しく、赤ちゃんの体調が気になる場合には時期を延期し、季節が暖かくなってから行っても良いでしょう。

お宮参り家族

丸昌 横浜店では、男の子用・女の子用ともに、袷の祝い着を豊富にラインナップしており、冬のお宮参りはもちろん、春や秋のお宮参りにもご利用いただけます。祝い着をお選びいただく際は、ご来店でももちろん結構ですが、新生児の赤ちゃんを連れての外出はご負担が多いかと思いますので、ネットレンタルショップもご活用くださいませ。なおレンタルの予約後であっても、赤ちゃんの急な体調不良や突然の天候の悪化の場合は、無料でご利用日の変更が可能ですので、安心してお宮参りに臨んでいただけます。

記事一覧に戻る

カテゴリー 一覧